2020年1月31日金曜日

夢を叶えるとは


早朝、いつものようにAsami先生
のブログを開く




ブログのタイトル、フランス人として
を見て鳥肌がたった




敬愛するAsami先生がフランス国籍を
取得された




ブログを読み進めると
体が震え、涙が溢れ出た




文面でサラリと綴られておられる事は
一体どれほどの努力によって叶えられ
た事だろう




Asami先生が奇跡と仰っている事は全て
努力の結果だ
努力の結果、奇跡が起きる




世の中で言われている、願えば叶う等
の引き寄せとは全く違う次元の話しだ




この記念すべき日にコンサルティング
を受けていた私は先生からある提案を
して頂いた




それは驚くものだったが、驚きのまま
何が起こるかの想像もつかないままに
決めた




予想外の提案だったのではじめは少々
困惑していたが、決めた途端、確かに
流れが変わった




日々は決断の連続だ




私が瞑想をするのは今を生きる為
未来とは今の連続
未来とは今だ
今、決断した事が繋がる




いかなる時も美しく生きる




Asami先生はその生き様を通して
夢を叶える軌跡を見せてくれている
それは険しいはずなのに美しい
それこそが奇跡だ



2020年1月30日木曜日

男性へのエクササイズ


もう理由は忘れてしまったのだが
夫が何かの埋め合わせを私にする
事になっていた




その時に、何か好きな物を買って
あげると言うので、それはいいの
でお願いを聞いてくれる?と言う
と何でもいいよ!と聞く前から了
承した




素足のエクササイズのモニターに
なって欲しいと言うと、えー!と
言うので、何でも聞いてくれるん
でしょ?と返す




実は、素足のエクササイズのモニタ
ーの話しは以前から夫に持ちかけて
いて、了承を得ていたのだが、出張
帰りで疲れていたので買い物の方が
したかったようだった




夫は以前から、ヨガやマッサージ
瞑想、呼吸法、様々なボディワーク
の実験台にされているので一般的な
男性よりは思考が柔軟だ




私の将来のビジョンとして女性や男性
といった性別に関係なく、ハイヒール
を履きたい全ての方にレッスンを提供
したいと考えている




その為には男性の練習台が欲しく
O脚で悩む夫は最適だった
夫には素足のエクササイズだけでも
十分効果がありそうだと考えていた




早速始めたが最初のストレッチの
段階で雲行きが怪しい




多くの男性は体が硬くまたプライド
が高いので、できないと思った事は
したがらない方が多い




実際ヨガのクラスには男性の参加者
は少なく、参加するのは体が柔らか
いか運動能力が高い方がほとんどで
特に日本では一般のクラスでの男性
の参加者はほとんどいない




私は夫を含め、体の硬い男性へヨガ
クラスを提供する機会が度々あるの
だが、男性へは細かいことを言わな
いようにして、怪我をしない事を
中心に気をつけている




特殊ケースレベルの硬さの夫には
最初のストレッチから手こずらされ
できない事がいくつかあったが、終
わる頃には体も楽になり、気持ちま
で楽になったようで、早くやればよ
かったと言っていた
(だから言ったでしょ?との言葉は
グッと飲み込む)




ASAMI-PARISのストレッチはとても
シンプルだが効果がある




シンプルでわかりやすいストレッチ
は気力も体力もなくお疲れな男性に
もぴったりだと感じた




今回はストレッチのみでエクササイズ
までは行きつかなかったが、週末に
エクササイズを試してもらおうと思う




2020年1月29日水曜日

知る事、感じる事


関東地方で雪の予報があり横浜でも
雪が降り、我が家の庭にもうっすら
と雪が積もった




庭にハラハラと舞う雪を猫たちが
初めて見るもののように見ている




横浜での雪の日は寒く、それは雪国
と関東の家の作りが根本から違う事
にある




ネットのニュースで関東地方に積雪
3センチの大雪の予報と出たのだが
それを見た札幌の友人は、3センチ
で大雪なんて笑ってしまうと呟いた




私は札幌に10年以上住み大雪やホワ
イトアウトの経験もあるが、関東の
3センチが大雪だと認識する意味も
わかる




人の量が数倍以上も違い、除雪車も
なければスノータイヤも雪道の運転
技術も雪用の靴もないのだから街が
混乱して当たり前なのだ




だがこれは経験しないとわからない
事なのかもしれない




ハイヒールについても同じ事が言える




ハイヒールは足に悪い
ハイヒールを履くと外反母趾になる
ハイヒールを履くと足が痛い




あげるとキリがないほどネガティブ
なイメージがある




これはハイヒールで正しく歩く事の
知識がない為に起こる事だが、では
知らない人が知る為にはどうしたら
いいか




ハイヒールに興味がある人は調べる
かもしれない
だが調べた先がどこに行き着くかも
問題がある




ハイヒールを鼻から諦めていれば
調べる事もないだろう




ハイヒールで正しく美しく歩ける人
を見かけても、自分には縁がない事
と思うか思わないか




私は自分には縁がない事だと思った




だが今、ハイヒールコーチを目指す
コンサルティングを受けている




正直に言えば、これは正しく美しく
歩くメソッドだとしっかり認識して
始めた訳ではなかった




ただAsami先生の歩く姿の美しさが
全ての正しさを物語っていた
美しい、それは私にとって一番
正しい理由だった




動物や赤ちゃんは本能的に美しさが
わかるという
それはシンメトリーで測っているとの
記事を読んだ事があるが、まさにその
本能的な部分で正しいとわかったのだ




コンサルティングで学ぶにつれ哲学や
理論がしっかりとある事を知ったが
美しさを感じ取った私の目は確かだった




情報がこんなに溢れているというのに
正しい事が伝わらない場合も多い




それは伝える側や受け取る側の感じ方も
あるのかもしれない




できるだけ色眼鏡で見る事なく知り
感じていきたい
そして私も正しく伝えられるように



2020年1月28日火曜日

ブログお休みのお知らせ



足を運んでくださってありがとう
ございます。



本日のブログはお休みします。



次回の更新予定は明日です。




Le Sanctuaire  Midori



2020年1月27日月曜日

美しさのポジション



髪を褒められる事がよくある
先日受けたリンパマッサージ担当
の方も、髪が綺麗で見惚れてしま
いましたと仰った




数年前まで髪も身体も顔も一つの
石鹸で洗っていた
それは全身を洗えるという特別な
石鹸ではなくその時に気に入った
ものを使っていた




髪を石鹸で洗うとキシキシするが髪が
さらさらと顔にかかるのが苦手なので
それくらいで丁度良かった




だが美容室のシャンプー担当の方から
お願いだからせめてシャンプーで洗っ
て下さいと懇願され、以来シャンプー
で洗っているが、コンディショナーは
美容室で半ば強制的にされる時だけだ




それに比べてスキンケアは敏感かつ
乾燥肌なので念入りに行っているが
特に褒められた事はない




もしかしたら過剰にケアしていない
事が髪を褒められる理由なのかもし
れない




太陽の位置で刻々と光が差す位置の
変わるステンドグラスのある場所で
瞑想していた時のことだ
目を閉じているので色は見えないが
太陽の暖かさを強く感じた時があった




瞑想を終え共に瞑想していた人たちが
みどりさんにステンドグラスの光が当
たってとても美しかった
何かの美しい像のようだった
あの時、本当にきれいだったね
と口々に言った




私はすぐにどの瞬間のことかわかった
そして
瞑想中なのになんで私を見ていたの?
と言い、みんなで笑った
朝一番の瞑想だったので皆、眠気と
闘っていたのだ




瞑想中の姿勢を褒められる事はよくあ
るがそれは私が体の正しいポジション
を意識して行っているからだと思う




実際、集中的に瞑想に入る際、初日に少し
腰が痛いと思っていても一日6時間の瞑想
が数日経つ頃には腰痛はなくなる




ハイヒールを履いて歩く際にも正しい
姿勢でなければ美しく歩く事はできない




一見美しく見える胸を張った姿勢や腰
を外らせた姿勢でもダメだ
真に正しいポジションでなければ美しく
歩けない




人間が本来持つ正しい姿
それは人が美しく見える姿だ




本来の姿、ありのままの姿というもの
は手をかけないという事ではない




人は生きている限り何らかの癖が出たり
負荷がかかったりして歪みが生じる場合
がある
それは体だけではなく心もまた同様だ




それを都度リセットし、見直し
修正しながらキープする事




美しいポジションを保つ事
それは大変な努力を要する




だがそれはやるに値する事であり
それをやらないのであれば美しくあると
いうことからは遠く離れてしまうのだ



2020年1月25日土曜日

衝撃的な美しさ


ハイヒールを履いて歩く際の悪い
例の一つは膝が曲がり踵から着地を
する事だ




ハイヒールを履き膝を曲げて踵から
着地をすると腰が反り腰痛の原因と
なるだけではなく、母指球に体重が
乗らず、足の裏の外側に体重が流れて
しまい、脚の外側に力がかかり
その結果O脚の原因となる




また踵から着地をする事でヒールに
ダイレクトに体重がかかり折れてしま
う可能性もあり、何より美しくない




そんな事を、夕食の後の食器を洗って
いる夫に話しながら、良い例と悪い例
の歩き方を見せていた




夫が良い例と悪い例の違いはわかる
けど、悪い例の歩き方も悪くないね
と言う




え!?なんで?
と尋ねると街で見かける人達はもっと
酷い歩き方だから私の悪い例はそんな
に悪く見えないとの事だった
むしろ普通に良いなどと言う




そんなはずはないと悪い例を食器を洗う
手を止めさせてまでしつこく見せている
と、それは大袈裟すぎでわざとらしく見
える、それはわかりにくい、などと散々
ダメ出しをされた




Asami先生の見本はどうだったの?と
聞くので、もちろん違いは明らかだった
よと言うと、じゃあもっと練習しないと
と厳しい




だが何回か繰り返している最中にヒール
の事が心配になり悪い例の練習をやめて
こう宣言した




悪い例を練習するよりも、良い例を
ものすごく良くする練習をする




つまりハイヒールで美しく歩く練習を
もっとするという事だ
当たり前のことを宣言した訳だが
その考え方は素晴らしい!と言ってくれ
るのが夫の優しいところだ




良い例がそこそこにしか良くなかった
から夫にはしっかりと伝わらなかった
伝わるには伝わったが、私が求めている
伝わり方とはこのようなものではない




ヒールを履かない男性にも、明らかに違う!
と思わせなくてはいけない




結局、横から見せると、これは明らかに
違う!と驚いていたが、そんな事で満足
しているようではいけない




悪い例を見てこれはダメだ、と思うのも
もちろんだが、良い例を見て、私もこん
な風に美しく歩きたい!と思ってもらう
ようでなければ




Asami先生が歩く、衝撃的な美しさの動画
を見たときのように





明日のブログはお休みします
次の更新の予定は月曜日です





2020年1月24日金曜日

尿失禁とハイヒール


女性の身体とは、繊細で複雑で
それぞれの年齢で悩みが少なく
ない




私は職業柄、体のお悩みを相談
される事が多いが、その中でも
尿もれの悩みは少なくない




下着を汚してしまわないように
ナプキンが手放せないという方
もいる




私も尿漏れをする事があったの
で切ない気持ちは痛いほどわかる




尿漏れの原因の一つは骨盤底筋群
の衰えによるものだ




骨盤底筋群は加齢や出産が原因で
衰えやすいが、パソコンやスマート
フォンを操作する時間が増えたり等
で姿勢が悪くなりインナーマッスル
を正しく使えなくなり、若い方達の
間でも尿失禁が増えてきている




衰える原因として先に挙げた年齢
的な事や出産経験などがあるが
大きな原因の一つはやはり運動不足
による筋力の低下だ




私たちの骨盤は9個の小さな筋肉
からなる骨盤底筋群で支えられて
いる




この筋肉の働きは骨盤内の臓器を
支えて安定させる役割があり内臓
をしっかりと下から支え体幹を
安定させる




この骨盤底筋群が使えないと尿もれ
などのトラブルが起きるだけではな
く下腹のぽっこりや、四角いお尻も
出来上がってしまう




骨盤底筋群を鍛える為には多くの
エクササイズがあるが毎日行う事が
大切なのでご自分が一番やりやすい
やり方で取り入れるのが一番だ




私がお勧めしたいエクササイズやヨガ
のポーズはいくつかあるのだが取り入
れやすいものの一つをご紹介したい




信号待ちの際、肛門と尿道の間にある
会陰を引き締めたり緩めたりする事だ




その際にお尻の筋肉で動かさないよう
にする
あくまでも動かす部分は会陰
更に会陰と膣までもを動かすと尚良い




これは信号待ちだけではなく、椅子に
座っていたり、寝ている際にもできる
のだが、この信号待ちという決まった
時間なので集中できる
信号待ちがエクササイズタイムになる




始めのうちは会陰だけを動かすのは難
しいかもしれないが練習するとできる
ようになる




わからない場合はまず肛門を動かす事
から始めてみて下さい




できるようになればどこでもいつでも
思い出した時に行っていけば更に良い




ちなみにこの動きは、姿勢が悪いまま
行うと正しく筋肉が動かない




姿勢が悪く猫背の方の骨盤は一般的には
後傾しているがその方により症状が違い
前傾しているが故にバランスを取る為に
猫背になってしまう場合など、いろいろ
なケースがあるのでここでは骨盤のポジ
ションについては述べないが、意識する
べきはしっかりと骨盤を立てることだ




また骨盤のポジションを改善するだけで
腹筋も働きやすく体にも良い




ハイヒールを履きこなすには正しい骨盤
のポジションである事が必須だ
正しい骨盤のポジションでない限り腹筋
も正しい位置にならない




ハイヒールで正しく美しく歩く事は尿失禁
解消への道でもある




お悩みの方は是非、先にあげた信号待ちの
エクササイズとともにハイヒールのエクサ
サイズも取り入れていただけたらと思う



2020年1月23日木曜日

カリスマの扉


ハイヒールを履いての足捌きの説明の
見本を先生が見せて下さっている時だ




Asami先生から画面を通しても伝わって
くるカリスマ性に目が釘付けになった




コンサルティングを受けているのだから
画面を見るのは当たり前だが単に見るの
ではなく釘付けになってしまったのだ




せっかく教えてくださるのだから集中
しなくてはと思いながらもカリスマや
オーラとはこのようなものなのかとじっ
と目を凝らして先生の姿を見てしまう




先生はお手本を見せて下さった後に必ず
何か質問はありますか?とお尋ねくださ
るのだが説明も理論も完璧な故ほとんど
質問することがない




今日は所用があり出かけた場所で五人の方
と会った




その部屋に足を踏み入れしばらくたった時
これを告白するのは少々恥ずかしいのだが
カリスマ性が欲しいとなぜか唐突に思った




その後、電車で帰宅中、乗客を見渡しても
カリスマ性がある方も所謂オーラがあると
感じる方はいなかった




そんな経緯があった後、コンサルティング
でお会いした先生はカリスマとオーラの塊
で、私が見たかったのはこれだと思った




お手本については質問がなかったのだが
そのようにクライアントに説明できるオーラ
とカリスマ性は持つ事ができるのでしょうか
と思わずお伺いした




カリスマ性が欲しいと思ったのですと
少し恥ずかしいと思いながら告白した私に
素晴らしい事ですよと仰って下さった




私が思うカリスマ性とはまだ漠然としている
が確かにある
それはとても美しいものだ




コンサルティングを始めてから、魂が求めて
いる事を何度も何度も知った




魂の望みを叶えるため、そして自分の夢の為
扉を開いていく




2020年1月22日水曜日

美しい月、美しい名



Asami-Parisチームに新しい仲間
La lune 草子さんが加わりました




Asami先生からコンサルティング
を始められる方がいるとお聞き
して以来、とても楽しみにして
いた




チームの先輩方もいつもこんな
気持ちで見守って下さっていたの
だろうかと思うと温かな気持ちに
なる




フォトシューティングコースを受
けられた草子さんのお写真からは
静かで穏やかな空気を感じられ凛
とした美しさが際立ち屋号である
La Luneのイメージそのものだ




女性の可能性、美しさ、イメージと
合う屋号に至るまでもを引き出す
Asami先生と草子さんの美しい作品
にしばし見惚れた




私はフランス語がわからないので
チームの皆さんの屋号の意味が
わからず調べた事があった




Petite ÉtoileのKazumiさんの屋号は調べ
てもわからなかったので直接お伺い
した




なるほど!
イメージにぴったり!
とその度に発見があった




私の屋号は、サンクチュアリという
言葉をずっと大切に思っていたのです
とAsami先生にお伝えすると、美しい
フランス語でのご提案をして下さって
決まった




今ではフランス語でのこの屋号が私に
フィットしていると感じる




数ヶ月前の私であればフランス語と
自分に結びつきを感じないどころか
どこかぎこちなく感じただろう




自分に合うと思えるようになった今
の私をとても誇らしく思う




そして漠然と大切に思っていた言葉の
意味を、なぜ大切に思っていたのかを
コンサルティングを通して知った




この美しい屋号を下さったAsami先生
に感謝とともに、さらに自分のものと
していけるようにしたい




2020年1月21日火曜日

女性性を味方につける



札幌の友人が転び股関節を骨折した
この季節は骨折が多いようで救急車
で運ばれた後、なんと手術まで1週
間も待たされたと言う




骨折した後の検査で骨粗しょう症と
判明し、転べば骨が折れるほど進行
していたとの事だった




骨粗しょう症の治療も始めたが薬の
副作用としては血栓があるとの事だ




女性は骨粗しょう症のリスクが高い




わかってはいるが改めて予防していく
ことの大切さを痛感した




私たちにできることは栄養をしっかり
と取ること




カルシウムが豊富なものを食べるのは
もちろんだが、吸収を良くする為には
ビタミンDが豊富な魚類や干し椎茸
ビタミンKが豊富な納豆や緑黄色野菜
海藻類などを一緒に食べると良い




特別なものを食べようと思うと長続き
しないので普段の生活で続けられる物
を見つけて少しでも毎日食べるように
してみてほしい




私はチーズとナッツをいつもストック
しておやつにしたり、納豆やサラダと
合わせて食べたりしている




そしてもう一つ大切なのは骨に刺激を
与えること
つまり運動だ




この予防に最適なエクササイズはヨガ
でもピラティスでもなくハイヒールの
エクササイズだ




ハイヒールのエクササイズでは筋肉と
母指球へとアプローチするがこのどち
らもがとても効果的だ




筋肉が衰えると人の衰えも進む




全身の筋肉を刺激し、またしっかりと
足裏にある母指球を刺激する事で筋肉
のみならず骨にまで刺激は渡っていく




また骨粗しょう症とは更年期の世代
の女性に多い症状である




年齢を重ねる事でのホルモンの低下は
避けられない部分ではあるが、女性性
を最大限に感じられるハイヒールの力
を借りる事はメンタルの部分でもとて
も効果的だと断言できる




私はハイヒールのレッスンを始めてから
数着のワンピースを購入した




気に入った物も、気に入らない物もあり
まだ試行錯誤だが、最近はお気に入りの
数着があり、それを身に付けると気分が
良く、また夫にも最大限に褒められるの
で嬉しくそして女性らしい気持ちになる




骨折した友人はとてもアクティブな女性
で体を動かすのが好きだが、手術で骨盤
から膝の上まで金具が入り、寝たきりで
筋肉も落ちてしまったとの事だ




リハビリ専門の病院へと転院した友人は
とても美人でモテる女性なので、少しふ
ざけて、入院中もモテモテで大変になる
ねと言うと、「モテない」と言う




それを聞いた私は、杖が必要なくなり
自力で歩けるようになったらハイヒール
のエクササイズを彼女へ勧める事を決めた




自信がなくなってはいけない
女性性を最大限に味方につけていくのだ




怪我人にハッパをかけると決めた私は
とても良い友人なのだ


2020年1月17日金曜日

結婚と仕事、それぞれの形


結婚してから私は経済的には自立して
いない
だが最近はコンサルティングの方達の
ブログを読み、働くという事について
私なりに考える事が増えてきた




夫は時間や日程が不規則な仕事をして
いるので、私がキチキチのスケジュー
ルであれば共に過ごす事ができないと
いう事もあり仕事についてしばらくは
考えていなかった




そろそろ何か始めようとするとあなたは
家にいて大変な仕事のご主人を支えてい
るべきだと言う人もいたし、又、別の人
に「お仕事は?」と聞かれ「今は特にし
ていないんです」と答えると「優雅でい
いですね」と皮肉っぽく言われた事もあ
った




一体、人は何でこんなに他人に興味が
あり意見したがるのかと思ったものだ




実際、札幌にいる時には夫と同業者の
奥様の友人や知人が多く、そのほとん
どが専業主婦だった




夫と結婚した当初、事実彼にはとても
支えが必要で、私がいつでも彼に合わ
せる事ができる状況はとても大切な事
だった




だが私は家事は得意では無いので何と
なく罪悪感があった




夫に言うと家事をして欲しいから結婚
したわけじゃないんだし、側にいて支
えてくれる事に感謝していると言った




だがやはり、贅沢な悩みと言われるか
もしれないが自分の存在意義とはと何
かと思ったのだった




もしかしたら家事が得意だったらそう
思わなかったのかもしれない




同じような状況の友人は家事を完璧に
こなし家を切り盛りし、外に働きにい
かなくてよい事に感謝し暮らしと趣味
を心から満喫していた




家事が嫌いな私はお金を払ってでもやって
欲しいと思う事なので、家にいて切り盛り
している方たちをとても尊敬する
上手にできない私はいつもコンプレックス
を抱えていた




しばらくして落ち着くとヨガのクラスを
始めたのだが、今までしてきた仕事の中
で一番クリエイティブで、働き方として
も理想であり、教える事が好きで、なお
かつ私に向いていた




この事は私に大きな自信を与えた
私にしかできない事、それが大切だった




基本的に夫との時間を優先している事と
私自身が時間を必要とする事もあり
キチキチにスケジュールを組む事はない




自分が好きなようにしているのだから
当たり前だが、私は自分の組むヨガの
シークエンス、流れ、使う音楽、そして
雰囲気が好きだ




数は少ないかもしれないけれどそれは重要
ではなく、自分の提供するものを愛せるか
どうかが私には大切だった




そして夫がとても応援してくれた事もまた
嬉しかった
彼は私の一番の理解者で応援者でもあり
私の可能性を驚くほどに信じてくれた




私がサポートしていると思っていたけれど
それは少し傲慢だったかもしれない




私にとって結婚しても仕事をする事は
私自身を救う事となった





明日と明後日のブログはお休みします
次の更新は月曜日の予定です





2020年1月16日木曜日

それをどう活かすか


1年間通ったリースの教室でコース
が終了しディプロマを頂いた




ディプロマ取得の為にはじめた訳で
もないし、頂いたからといってこれ
で終了などとは思わないが、美しい
カリグラフィが施されたその証書を
見て単純に嬉しかった




以前のブログでも綴ったがヨガの
資格は無限にある




ただ参加しただけで発行されるものや
試験にパスした者だけに発行されるもの
時間も日数も様々、指導者の質も様々で
金額もピンからキリまでありとても巨大
なマーケットだ




これはヨガだけではなく、最近ではあら
ゆる資格取得を謳う講座がある




決して資格を批判している訳ではない
何かを目指して勉強する事は素晴らしい




だが大切なのは誰からそして何を学ぶか
という事だ




私で言えば、思い出せないくらいの数の
資格証を持っている
だが持っていても役立てなければそれで
終わりだ




同じシリーズの講座を違う講師で受講し
た時に、こんなに素晴らしい事だったの
か!と全く違うものとして認識する事も
度々ある




正直に言って、代金見合わないと思った
講座もあるが、その講座を活かして次の
仕事へと進めている方を見て、講師のせ
いでも講座のせいでもなく自分の力不足
だったと思い知る場合もある




私は何かを始める為の用意があまりにも
長かった、最近そう感じている




今受講しているASAMI-PARISのコンサル
ティングは資格所得という事ではない




今まで受講したどの講座よりも密度が濃く
またとても努力が必要だ
ただ練習したり覚えたりするだけでは全く
足りない
日々の意識も必要なのだ




加えて最近の私は苦手でかつ大嫌いな家
の片付けまで始めてしまった
始めてしまったという表現になるのは
意思とは反しているはずなのにやらざる
を得ない状況になるからだ




それくらいパワフルな影響力がある




苦手で嫌いな作業であるにも関わらず
今まで気にしていなかった引き出しの
中まで気になるようになってしまった




美しく整えられると気持ちが良い
しかしもともと苦手なので疲れる




だが素晴らしく整えられた空間にお住まい
のASAMI先生が、苦手な事は誰かにお願い
したらいいですものねと別の話しの流れか
ら仰って下さり、この件に関して忙しくな
ったら気に病む事も恥ずべき事とも思わず
誰かにお願いしようと思い心が軽くなった




自分でできるのに越した事はないのだが
女として家事ができるのは当たり前だ
できない事は恥ずべき事だという先入観や
罪悪感をも払拭してくださる




こんな所まで考えていく講座が他にある
だろうか
私は経験した事がない




資格を活かすも生かさないのも自分次第だが
それでもやはり、誰に教えていただくかが
最も大切な事なのである




2020年1月15日水曜日

耳をすませて



昨日のハイヒールレッスンで素足の
エクササイズが終わり、ハイヒール
履くと、一瞬、?となった
?の正体は12センチのクラシカル




レッスンの際、履き替えやすいよう
に普段ハイヒールを置いてある場所
から移動してくるのだが、10センチ 
のクラシカルと間違えて持ってきた
のだった




最近の私はピンチ続きで12センチには
歯が立たず、レッスンは10センチで
行っている




失礼しますと言いながら10センチ を
取りに行き、足を入れるとホッとした




Asami先生をお待たせしているので
その時はすぐにレッスンモードに
戻ったのだが終了した後、気がついた




10センチのルブタンが私の足にしっくり
きた・・・と感じたのだ




見知らぬ人達の中にいた時に
友人を見つけたように
足を入れるとホッとした




だが私はまだグラグラしている
履きこなしてはいない




ただ優しいだけの友人ではない10センチの
クラシカルは、もっと腹筋を引き上げよと
何度も何度も私をふるい落とす




そんな10センチが、足を入れたあの瞬間
一瞬だが私を包み、私を安心させた




だが次の瞬間にはすぐ、あなたの腹筋が落ち
たり軸が取れなかったら、あなたとAsami先生
に即お知らせしますよと私に告げる




あなたが上手くいかない時も支えて
守ってあげるよという関係ではない
真実を告げることが私に最善だからだ




ジミー・チュウからルブタンに変えた時
ルブタンを履いてホッとする日が来るとは
到底思えなかった
ジミー・チュウの優しさに未練があった




ルブタンは私に告げる
あなたが上手くいかない時はすぐに伝える
決して有耶無耶にしたりはしない
だがあなたが履きこなせる時がきたら
私はあなたを最大限に美しくしてみせるよ




ルブタンは私にとってまだまだ厳しい相手だ
だが一瞬だけ、私をホッとさせてくれた
例えて言うのなら、いつもは厳格な人が
一瞬ウインクしてくれた、そんな感じだ




ルブタンの声に耳を傾ける
まだわからないことが沢山ある
それをAsami先生が通訳してくださる
闇雲に聞けばわかるというものではない




いつか通訳なしでわかるように
今日も耳をすます


2020年1月14日火曜日

まずは自分のできる事を



世界を変えたいのなら
まずは自分から変わる




私が日々忘れないように
している言葉です




では、どう変わるか




何も難しく考えなくていい
私ができる事をしていく
まずは小さな一歩から始める




例えば、私が以前から実践している
事の一つになるべく個人のお店から
物を購入する事がある




スーパーへ行けば一回で済む買い物を
なるべく野菜は八百屋へ、魚は魚屋へ
豆腐は豆腐屋へと足を運ぶようにして
いる




野菜や果物などはなるべく地元の
農家の物を買う等、地域の生産者も
応援するようする




地元の生産者の物を買うという事は
身土不二の精神とも繋がり、地域の
経済を支える事にもなり、地域との
繋がりもでき地元を活性化させる事
になる




地域を大切にする事とは即ち、自分
の住む土地を大切にする事、そして
自分を大切にする事と繋がっていく




自分を愛しみ育てるという事は
自分だけではなく、自分を取り囲む
環境も育てるという事




そんな風に思いながら過ごしていれば
街にゴミが落ちている等も目を逸せな
くなるだろう




ヨガの仲間が最近の腹立たしい事として
ゴミ回収の場所が家の側にあるがルール
を守らない人がいる為、ゴミが散乱して
しまい自分が掃除をしていると言った事
があった




それを聞いた師匠は




「俺だったらラッキーと思うな〜
 地域の為に掃除できるチャンスだからね
 どうせやらなきゃならないならラッキー
 と思ってやったらいいよ」




と軽く、本当に軽く笑顔で言った




それを聞いた全員が一瞬言葉を失い
そうはなかなか思えない!
と口々に言ったが、相談した本人は
そう思う事にしますと言っていた




そんな師匠は、早朝ゴミ袋を持って自分の
家の周りのゴミを毎日拾っていたそうだ
そうする事でその地域が、そして何より
自分が一番変わったと仰っていた




これを真似するのはなかなか難しい事だと
当時の私は思ったが、今は彼ががそうして
いた理由がわかる
それは住んでる土地に感謝しているからだ




早朝に地域のゴミを拾わずとも土地を見守
り感謝することは簡単にできる




公園の木や街路樹等に目を留めるだけでいい
そこに私たちの環境の為に役立つ存在がある
という事を知るという事




まずは自分のできる事を
気負わず日々できる事を続けていきたい



2020年1月13日月曜日

いつもとは違う週末


今週は土曜日から月曜日までの
三連休なので、遠出をしようと
計画していたが、しょっぱなの
土曜日から夫が緊急の呼び出し
にあい職場へと向かった




続く日曜日でも他の件があった
が夫の後輩が対処する事になっ
た(夫は部下と言わず後輩達と
呼んでいる)
だが、何となく感じるものがあ
り行ってあげた方がいいと言い
午前中だけではあるが職場へと
向かった




夫の職種では昼夜問わず呼び出
されるのは避けられない事なの
だが、何年経っても残念に思う
気持ちはいつまでも変わらない




以前の私であれば仕方ないと
思いつつ、待たされる事に内心
不機嫌になったが今回は違った
いつもとは全く違う事をした
働いたのだ




私は以前から安息日には働かない
という理由で、平日も激務ではな
いにも関わらず休日には働かない
事を謎に厳守していた




働くと言っても、家でできる事に
なるのだが、まずは緊急時の為用
に数本のブログの下地を作った




正直に申し上げると私は会社勤め
の方に比べると余裕が沢山あるに
も関わらず、時間が上手に作れず
ブログを書くのが手一杯になる事
が時折あり、いざと言う時の為の
ブログの用意をしておけたらいい
なと以前から思っていた




そして立ち上げたいと思っている
事の案の考察




以前から気になっていたパントリ
ーとクローゼットの整理
お恥ずかしい事に45Lのゴミ袋に
5袋の不用品がでた




整理をしながら、思いつくと書き
とめたり、パソコンへと向かった
りと、順番ではなくグルグルと思
いのままに行った




気がつくとランチの時間も忘れて
夕方になっていた




帰ってきた夫と最近気に入っている
カオスな商店街へと繰り出し夕食の
材料を購入する
いつもより少し贅沢な食材を選ぶと
頑張ってよかったと夫が笑った




いつもとは違う週末は私を微かだが
確実に変えた




2020年1月10日金曜日

人生の目的とは何か



人生の目的は幸せを実現する
ことにあります




希望を失うということは人生の
目的を途中で放棄しようとして
いるのではないでしょうか




自分にも何かができるはずです
何かよい行いをするのです
そうすればわかるはずです
自分の人生の目的が何であったのかを




ダライ ・ラマ法王の言葉である




人生の目的、夢や希望
生きる意味とは何だろうか




昨日のブログで綴ったが
私はスタジオを作りたいと思っている




自宅でもなくレンタルスペースでもなく
小さくてもいいからどこかに一部屋を
借りて開きたい




正直に言えばレンタルスペースで行えば
リスクは少ない
ヨガ仲間にもそこからスタートしたら
どうか?とアドバイスもされている




だが私の心が納得しない
私は私の場所を作りたい
それ以外はやる気にならないのだ




だがこの思いも、日や、時には時間単位で
揺らぐ




この年齢でリスクを背負って始めるの?
楽に始めたらいいのじゃない?
そもそも始める必要はあるの?
何のために?
この歳で?




人生100年時代と言われているのに
40代で年齢の心配をしている




夫にこんな気持ちを話すと
大きな投資をするわけでもあるまいし
別に何も失うものはないでしょ?
と言われた




諦めていたのも
年齢のせいにしていたのも
自分自身だった




年齢を重ねていくと夢を見る事を忘れて
しまう事がある
時には体調の不調も重なり、夢見る事も
億劫になり思い出した頃には諦めてしまう




もう歳だから
この言葉を何度聞いただろう
その度に返す言葉が思いつかなかった




何歳に見える?と聞かれるお馴染みの
会話が心底嫌だった私は、そういうのは
面倒くさいので教えてくれなくてもいい
ですと会話を打ち切っていた




今でもこの会話が嫌なのは変わりないが
なんて大人気なかったのだろうと
年齢を重ねた今なら思う
不必要に人を傷つける必要はない




私は年齢を重ねて人の痛みも
わかるようになった




他の人たちを幸せにするということは
自分を犠牲にするということではない




以前はやろうと思ってもできなかった
事があった




何故今はそれをやりたいと思うのか
できる気がするのか




それは誰かの為ではなく自分の為だと
知っているから




やらなくても困らない事であり
それをしなくても生きていける
だがそれを通して人生が変わっていく




私は夢を見つめている
何のために生まれてきたのか
私の使命は何か




あなたの夢は何ですか?





明日と明後日のブログはお休みします
次の更新は月曜日の予定です





2020年1月9日木曜日

サンクチュアリを探して


ここ数週間、不動産情報をチェック
している




そして実際に気になった物件の住所に
足を運び、周りの様子を感じている




私が通うネイルサロンも気になって
いる地域にあり、今までそういった
観点から見ていなかったので新しい
目で見ていた




先日ネイルサロンに訪れ、しばらく
近況報告などしながらおしゃべりして
いたのだが、ふと、最近この辺りで
テナントをチェックしていると話して
みると彼女は少し驚いた




大型スポーツクラブやヨガスタジオ
ホットヨガなど大手のものは沢山ある
けれど、その間にある隙間産業的な形
で小さな所からやってみたい




ハイヒールウォーキングのコーチに
なる為のレッスンもしているので、ヨガ
だけではなくもっと多岐に渡る事をやり
たいと思っている等、色々と話すと
何で今まで言ってくれなかったのですか!
ととても興味を持ってくれた




場所柄いろいろな職業の女性や男性が
訪れてくるお客様層な事
またパーソナルレッスンが好きな方が
多くその需要がとても多い事
近隣のビル事情その他いろいろと教えて
下さった




彼女のネイルサロンは個人経営で腕が
良く、いつも予約でいっぱいだ




彼女も小さなマンションの一室から一人
でサロンを始め、今では広い場所に移り
三人を雇っている




いきなり広い所ではなく、無理なく始め
られる所でという考え方も一緒だった




彼女がサロンを広い所へと移す際に
周りの方から情報を頂いたとの事で
私へシェアする事で感謝の循環をして
下さった




もう横浜に来てから一年半以上経つし
そろそろ何か役に立つ事を始めようか
なと思ったんだよと言うと、歯医者も
ヘアサロンも病院も何もわからないと
言って困っていたのにそう思えるよう
になって凄いです、嬉しいですと笑顔
の彼女を見て、月一回の付き合いでも
こうして見守ってくれていたのだと
ハッとする




私にお手伝いできる事があれば言って
下さいとの言葉がとても嬉しかった






自分の事で精一杯、自分の事だけを
考えるそんな時期もあっていい
自分を大切に出来なければ人を大切
にする事など出来ない




私は何年も自分の事ばかり考えて
小さな事にも心配していた
心配する事すらない時にも小さな世界
の中でさらに小さく縮こまり、小さな
自分の世界の内側で息を潜めていた
そこは息が詰まるにも関わらず安全な
場所だった




だが横浜に気てから、そしてコンサル
ティングを初めてから何かが変わった




臭くて息もできないのに惹かれる場所
満員電車やガチャガチャした人々の声
優しい人やそうでない人、すれ違う人
出会う人達の多さ




私の小さく静かな世界は段々と消えて
太陽の下で大きく体を伸ばした




だが時々あの静けさが恋しくなる
雪が全てをカバーし白銀になる世界
私の小さく静かな世界




先日、札幌の友人から本が届いた
静かな優しい言葉が溢れている本だった
そんな風に思いを伝えてくれる人の存在
が私を何度も救ってくれる




私の小さく静かな世界はいつも私の内側
にあり、いつでもそこに帰って休む事が
できるよと教えてくれたようだった




言葉にしても
言葉にしなくても
思っている人がいる
思ってくれる人がいる




私が頂いた屋号
Le Sanctuaire




誰もがそう心から信じられるような場所
そんなサンクチュアリを探している





2020年1月8日水曜日

ハイヒールとヨガの融合


以前も綴った事があるように思うが
コンサルティングでは課題のブログ
がある
今日のブログも課題で頂いたもので
このタイトルについて考えてみた




ハイヒールを履く為に行うと良い
ヨガのポーズを紹介してもいいのだが
それでは芸がない気がする




ハイヒールとヨガとgoogleで調べれば
今は一発で様々なポーズが出てくるし
どんなポーズでも何らかの効果がある
と言えるのだ




実際、ハイヒールのエクササイズの中
にあるストレッチも一見ハイヒールと
は関係無さそうな場所のストレッチも
行うが、これが大いに関係がある




私が思うハイヒールとヨガの融合とは
瞑想に繋がっていく




Asami先生のストレッチのビデオをご覧
になった方はご存知だと思うが、椅子に
片足を乗せて行う骨盤のストレッチは
身体に気付く為のマインドフルネス瞑想
にぴったりだ




時間も片側15分、合わせて30分
この時間も瞑想に丁度良い




瞑想の初心者の方に指導する場合
人によってはまずは1秒、または1分
から誘導していくが、初心者の方へ
の最長の時間の目標は15〜20分とし
ている




この時間の理由は様々であるが簡単
に言うと、15分を過ぎた頃から瞑想
の効果が現れるので20分ほど行う事
をお勧めしている




ただ20分というのは慣れていないと
とても長く感じるものでストレッチを
やりつつというのはとてもやりやすい




呼吸に注意を向け
考えが出てきたらそれに気付き
また呼吸へと戻す




マインドフル瞑想の場合


身体が硬いと気がつく→呼吸に集中
→どうして硬いのかな
→思考していると気がつく
→呼吸に戻る→何だか飽きてきた
→思考に気がつく→呼吸に戻る




思考している状態


身体が硬いと気がつく→何で硬いのかな?
→ここをこう伸ばしたらいいかな?
→ヨガにでも行こうか?
→あ!そうだ、帰りにあのお店に寄ろう
→雨が降ってるし外に出かけるのは辞めよう
→今日は銀行に行かなきゃいけないんだった!
→あと何分かな〜?ランチは何食べようかな




我々は普段思考をしすぎている
寝ている時ですら脳が活動している




それを瞑想する事で副交感神経が
優位になりリラックスできるように
なり脳が休まる




それに伴い、記憶に関わる海馬を始め
として脳の容積があちこちで増えると
いうことも科学的にわかっている




マインドフルネス瞑想とはスピリチュアル
な事ではなくメソッドなので慣れるまでは
練習が必要だ




ハイヒールで歩くには集中が必要である
あれこれ考えながら美しく歩く事はできない




ハイヒールのレッスンの後
身体も心もスッキリとする




余計な事は考える暇もなく
ただひたすらAsami先生の声だけに
耳を傾け、今に集中しているからだ




その状態へと導けるコーチに出会える事は
幸いな事だ




私にとって静かに座って行う瞑想もとても
大切な事
だが日々気がついていく
これも瞑想だ




人は毎日、家の中や外を移動する
その一歩一歩に気がついていく




ハイヒールであればその一歩一歩だけに
集中して気が付かざるを得ない
それは即ち瞑想につながる
これが私の思う、ハイヒールとヨガの融合だ


2020年1月7日火曜日

私を変えるもの



新年初のハイヒールレッスン




昨年末から謎の肩痛になり
これが四十肩というものかと甘く
見ていたらなかなか治らず
だらけた生活のせいか歪みが更に
酷くなってしまった




エクササイズでは主に腰に手を当てて
デコルテをグッと開いた状態で行うが
肩をあまり開けず、今回はレッスンの
全てを手を真っ直ぐに体側で伸ばした
状態で行ったが、これがとても難しく
苦労した




骨盤から左への回転が酷く
更に上半身の左への回転も酷かった




これは一見同じに見えるが
骨盤と上半身は切り分けて考えなくては
ならず、Asami先生に指摘されるまで全く
認識できなかった




更に腹筋も落ち気味で
背筋も左右がバラバラな状態であった
引き上げても引き上げても落ちる腹筋




自分でも随分と歪みが酷いと分かっていた
ので歪みを修正するヨガもしていたが
自分では限界があり、やっているつもりが
できておらず、コーチに見て頂く事の大切
さを痛烈に感じる




途中、Tiffanyちゃんが起きてレッスンに
参加する




Asami先生の声に合わせて
Tiffanyも懸命に声を出している
何やらしっかりと話しているのだ




前回のレッスンでも彼女は画面越しに
ジッと私を見つめて何かを伝えようと
しているかのようだった




途中、先生がおしゃぶりを彼女に与えたが
声を聞いていたいなと思う




思えばレッスン中、ピンチで苦しい時には
猫が出動したり、Tiffanyが泣いて助けて
くれたなと顔が緩む




今回も私が大ピンチな時に彼女は起きて
声を出してくれていた




コンサルティングも終わりに近いせいかも
しれない




美しい妊婦だったAsami先生に出会い
Tiffanyちゃんも共にいるコンサルティング
を受けられた事はとても貴重で幸せな時
だったと何だか寂しくなってしまった




そして先程まで、ここに来てここまで上手
くいかないなんてと残念で悲しく思ってい
たが、逆に順調すぎない方がコーチとして
あらゆる事を学べて良いのだと思えた




Asami先生も仰ってくださったが私は随分
と変わった




自分ではわからない変化も沢山している
のだと思う




レッスンの一つ一つが私を変えている
改めて思った新年のレッスンだった



2020年1月6日月曜日

フィルターを通して


15〜16歳くらいの時だろうか
わざわざニュース番組は見ない
新聞は読まないと決めたのは




その頃は今のようにインターネット
では無くテレビや新聞から一方的
に発信されるものを受け取るしか
無かった




10代の頃は多くの人がそうだと思うが
多感な時期でいつもいろいろな事を考え
悩みも多かった
今ならその悩みは大したものでは無いと
思うが当時は大ごとだった




そんな多感な時期の私にとって世界は
ただでさえ大変なのに、辛いニュースを
見て更に辛くなる事はないとニュースを
わざわざ見る事を辞めたのだった




その習慣は大人になっても続いていた
大人になると更にテレビを見る時間が
なくなった事もありその習慣は続いて
いた




社会人として、また大人としてニュース
くらいは見ないといけないと言う人も
いたけれど、大抵そういう事を言う人は
私にとって関係のない人が多かったので
気持ちが変わる事がなかった




今はYahooなどのトップページでニュース
のタイトルを目にするので何となく色々
知っている




今までクリックしてまで続きを読む事は
なかったが先日クリックして読んだ後に
後悔した




ニュースの内容はともかく、記事の下の
方に沢山の人のコメントが投稿されていて
その内容がうんざりするものばかりだった
からだ




私はFacebookがいろいろな理由で苦手だが
メッセージのやりとりがそれでないと出来
ない人達がいるので、時々利用する事がある
が、ニュースのコメントを見て感じた苦手な
感覚と、Facebookを利用した後に感じる苦手
な感覚がとても似ていると思った




なぜ苦手なのか考えてみると、必要な情報
以外が勝手に目に入る仕組みが苦手なのだ
と分かった




誰かがいいねした見ず知らずの人の投稿まで
もが表示される
これを利用してのビジネスページが多いのも
理解できる気がした




情報が溢れている今、どう受け取るかは
とても大切な事だ




感覚にフィルターがあるとすれば
目の荒いザルなのか、高性能フィルター
なのかで随分と変わるだろう




ただ高性能フィルターというのは高性能
な故しょっちゅう交換しないと目詰まり
する




まずは最初に目の荒いザルで振り分け
高性能フィルターを通すなど工夫が必要
なのかもしれない




でも本当はこんな感覚フィルターなどを
使わないでおおらかに生きられるように
なりたいと思う




人間である限り、それはなかなか難しい
事なのかもしれないけれど







2020年1月4日土曜日

軽やかに受け取るために


今日は友人達と新年会だった




いろいろな理由で欠席者が増え
偶然にも夫婦の内のそれぞれ一人
ずつの参加という不思議なメンバ
ーが集まった




8年程の付き合いで、全員では割と
よく会ってはいるのだが、この組み
合わせだけで会うのは初めてだった
ので、どうなるかなと思っていたが
とても楽しかった




予約したお店で美味しいお肉を食べ
店を移動しクラフトビールを飲み比べ
少し散歩し、立派な神社があったので
参拝したり、気になるお店を見つけて
今度みんなも連れてこようと計画した




終始、楽しい話しで満ちていて、まるで
旅の番組でも作っているかのような
不思議に面白い時を過ごした




駅前まで戻り、近々またみんなで会おう
と挨拶して、あっさりと軽やかに別れる
約3時間ほどの時だった




日常生活の延長にありながら
どこか小説の中のような非現実的な
面白さがあった




いつものメンバーでありながら
いつもとは違う組み合わせ




2020年はこのように、思いがけない所で
何か良いものを見つけるという年になり
そうだ




だが自分が行動を起こしていかないと
それを見つける事はできない




いつでも軽やかに受け取っていけるように
心と身体を整えていたい




2020年1月3日金曜日

理想を手に入れる事ができる人


夫が目標の体重を手に入れた




3週間の理想のボディーメイキング
コース受講以降、夫も体重計には
乗っていなかったが、最近目視で彼の
体型がスッとしているのが明らかで
あった




ちょっと体重を測ってみると夫が言い
久しぶりに測ってみると彼がなりたいと
思っていた数値になっていた




食事は何も制限せず、むしろ良く食べ
て、良く歩いている




しかも何と最近は痩せすぎないように
気をつけていると言う
はっきり言って羨ましい




私はと言えば、年末年始のおかげ?で
これはまずい!と思う部分があるのだが
体重計には未だ乗らずにいる
以前の私であれば乗らずにいられなかった




すでに目視でこれはまずいと分かっている
のに、体重計に乗ってさらに落ち込むという
自虐をしていた今までは一体何だったんだと
すら思う




自分を傷つけ追いこむ事で目標を達成
しようとしていたのだと今はわかる




そういった訳で体重計から解放された
年末年始は数年ぶりに体重の事で悩ま
なかった
罪悪感のない新年とは素晴らしい




新年の抱負や去年の振り返りをする際
一番の出来事は何だった?と夫に聞くと
ASAMI-PARISだなと言った




いやいや、私の事じゃなくてあなたの事
だよと言うと、そうだよ、ASAMI-PARIS
だよと言う




夫を見ていて思うが成功している人と
いうのは、良いものはすぐに実行し
自分のものとしていく




男性は頭が固いなどというのは思い込み
にすぎないのだと思う
性に関係なく結局のところその人の持つ
力なのだ




理想の体重を手にした夫と
それをこっそり羨ましがる私




コンサルティングを受けているのも
コースを受けたのも私なんだけどな・・
と少し複雑な気持ちである




2019年から美しく生きるという言葉は
私たち夫婦にとって人生のキーとなる
言葉になった




お正月休み、ダラダラとしながら過ごす
それは美しい姿ではないけれど
この時間はゆっくりと流れる至福な時
この時間はとても美しい




ゆっくり休んだ後
私の理想に向かって行く





2020年1月2日木曜日

新年のご挨拶


明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します



年末から旅をしていた四国からの
帰り道、富士山が現れた途端
歓声をあげました



いつもいつでも、何歳になっても
富士山を見る度に心に喜びが湧き
上がります



外を歩く時にはいつも無意識に
富士山を探している事に気がつき
ました



富士山が見えない所に住んでいる
時でさえ探していました



今、私の住んでいる街は富士山が
見えます



曇っている時には見えません



それでもそこに富士山がある事を
私は知っている
それを思い出すだけで何だかホッ
とするのです



自分にとっても、そして誰か必要
な人にとっても、その存在がそこ
にある事が救いになる、そんな風
に思える場所を作りたい、そんな
事を思っています



晴れた日もそうでない日も
いつでも私が私らしく還れる場所
私がいる場所こそがその場所



そんな風に思った新年です



2020年 1月

Le Sanctuair  MIDORI