2019年9月30日月曜日

男女の愛(1)


この一週間、男女の愛について考えている




愛についての考え方や形は人それぞれ違うし
自分が置かれている場によっても変わるかもしれない




愛の人と聞いて思いつくのは誰だろう





数年前、同じことを考えていた時
私はまずマザー・テレサを思った




マザー・テレサは45年に渡り、貧しい人、病む人
末期の人のために尽くしてきた
それは私がここで綴らなくともその偉業は多くの人
が知っている




そんな愛と勇気で行動していると賛美された彼女だが
死後に公開されたマザーの書いた数々の手紙を読み
心が痛んだ




愛、その言葉は何の喜びも私にもたらしません
神が私を愛していると教えられてきました
しかし闇と冷たさと虚しさに満ちた現実が
あまりにも大きいため私の心は何の喜びも感じません



彼ら(同じ奉仕に携わるシスターや人々)は
私の心の中には神への信仰と信頼と愛が充満し
神への深い交わりと神のご意志と結びつきが心を
駆り立てているに違いないと思っています



彼らは、私が表面上の明るさという仮面によって
どれほどの虚しさと苦悩を覆い隠しているか知りません



愛もなく、熱意もありません
私の魂には何一つ魅力あるものがありません
天国は何の意味もありません
それは私には空虚な場所のようにしか感じられません



これはほんの一部の抜粋で、彼女の手紙は数年に渡り
指導神父へ告白という形で綴られている



また彼女の活動を、全ての人が両手を上げて賛美してた
訳ではなく、その運営の仕方や宗教の違いからくる様々
な問題などメディアから批判を受ける部分もあった



これは私の考えだが、批判する人は彼女の十分の一でも
同じことができたのかと疑問に思うところだ



だが実際、何か突出した人というのは何かと非難される
ことが出てしまうものだ



この手紙を読み、これほどまでに心に闇を抱えながら
このようなことを行うとは一体どれほど辛かっただろう
と思った



だが私はやはり彼女は愛の人だったと思う



自分がいくら辛くとも続けていかなければならない
逃げ出すことはできない



この偉業を行うのはただ行動するだけでは不可能で
そこには大きな力が働いていたのだ



それは何か
やはりその力とは愛なのではないだろうか






続く




2019年9月28日土曜日

三週間の理想Bodyメイキングコース(1)




Asami先生の新しいコース
三週間の理想Bodyメイキングコース
自分の体を愛することから始まった



コンサルティングを始めてから
気にしていた体重は少し減少していたが
まだ私の理想数字には達しておらず
なぜ体重が落ちないのだろうと思っていた



体重が落ちないのは歳のせいかもしれないけど
これは言い訳だな、など常に葛藤があった



1回目の今日、Asami先生からの質問に答える度に
私の中にある根深いものがみるみると明らかになった



私の中にある根深いもの
それは数字だ



カロリー、体重、体脂肪



自分の身体を測るものは何か?
それは私にとって体重だ



私の話しを聞いたAsami先生は仰った



みどりさん、まず体重計を捨てましょう



ハイヒールのレッスンやコンサルティングの際
通常の私は全てに、はい!と返事をする



自分で言うのもなんなのだが
教えてもらっている時の私は言い訳せず
とても素直で従順なのだ



だが初めて心が抵抗した
はい!と言えなかった



Yesと言いたい
Asami先生がそう仰るのだから
良い返事がしたい



だが心の奥の底なし沼のようなところから手が伸びて
体重計をガッチリと離さない
捨てると思うとなんだか怖い



嘘をつけない私はYesとも言えず
でも体重計を手放すこともできず
あらゆる言い訳を使って
夫までもを言い訳要員として使い
Asami先生に泣きつく



こんなにも体重に固執していたとは
自分でも驚くほどだった



言い訳が通用しなくなると
今度は自分の身体のコンプレックスを連ねてみる



私の一つ一つの言葉に先生が丁寧に向き合ってくださり
私の心を映し出す



私は痩せていないが太ってはいない
なのになぜこんなに数字にこだわるのか
どうして痩せていたいのか



モデルという体重管理のとても厳しい世界で
生きていたAsami先生は
その全ての私の気持ちをわかってくれた



Asami先生が私の身体について、とても沢山の
ポジティブな言葉をかけてくださる



少し自信が出てくる
コンプレックスな部分は私の良さだと
私の強みだと



そしてマインドに対してもアドバイスしてくださった



夜中に一度起きた時、一瞬思ったのが
体重計にのらない、か・・・
だった



本当にしつこくて自分でも驚いた
でも気がついてよかった
ただの数値に振り回されるなんてごめんだ



だが私のこの思考癖は根深いこともわかった



コースの3回で私の思考の膿を出しきりたい




2019年9月27日金曜日

小さな時間で




庭に出て夏の間に伸びきった草花を
太陽を浴びながら見回る



少しの間、目を閉じる
気負うことのない小さな瞑想



ここには咲いていないはずのハーブの香りがする
きっとあれはタイの香り
先ほどまでスカイプで話していた
タイに住む友人との記憶の香り



肌に当たる太陽の日差しが暖かい



鳥の鳴き声



遠くから聞こえる飛行機の音



なんの音かもわからない音




お昼を過ぎたけどあまりお腹がすいていない



肌に服が触れている



その全てを感じ
その事象にラベル付けをせず
ジャッジをせず
ただ少し目を閉じる



この小さな時間を持つことが
自分の心と頭を休ませる




時間は小さく繫がっていく







2019年9月26日木曜日

コンサルティングを受けて3ヶ月で変化したこと





6月25日からコンサルティングが始まり
今日は9月26日、あっという間の3ヶ月だ



コンサルティングを受けて変化したことは沢山あるが
一つあげるとすると顔の歪みが取れた事だ



え、そこなの?と我ながら思うが
顔の歪みとは私のバロメーターになっている



以前にも綴ったが、私は頚椎が悪く調子の悪い日には
左半身が痺れて眠れないこともある
楽しく活動していたことも沢山諦めなくてはならなかった



そして二度の左肋骨の骨折と
剣道をしていた頃に繰り返し左足首の靭帯を負傷したこと
も合わせて古傷が痛む日もある



そんな調子の悪い日には決まって顔が歪んでいる



顔が歪んでいることに付随して顔が浮腫み
結果、顔の調子が悪くなり、落ち込んだ気持ちになる




顔の調子が悪いと言うとみな笑うのだが
身体の調子が悪いように顔も調子が悪くなるのだ



以前、仲の良い友達がひどい悪口を言っていた時
ねえ、あなた今、顔の調子が最高に悪いよ
と告げると彼女は笑い、一気に美しさを取り戻した



顔の調子が良いとは重要である
自分を美しいと思いたいのは当然だからだ



顔と身体は密接に関係していて
身体が歪んでいれば顔も必ず歪む



どこかに痛みがあるときは心も蝕まれていく



世の中にはもっと大変な病気や障害を抱えながらも
全力で生きている方は沢山いるとわかっているが
やはり自分の痛みは自分で感じるので
どうしても自身の内側に目がいくものだ



私の顔が歪んでいるときはやはり身体も歪み
また心も歪んでいる



コンサルティングを始めてからは
毎週Asami先生に針の穴に糸を通すように
私の身体を見ていただいている



後ろ向きの時も横向きの時も油断はできない
ふっと力が抜けた腹筋に秒で修正が入るのだ



その結果、私の身体は正しいポジションへと導かれ
歪みが取れていく




気がつくと自分の為に少しずつヨガを行うようになった
ここ数年、私のヨガは人の為にあった



怪我の為にできないポーズもあったこともあり
ピラティスを始めてからは頑なとも言えるほど
自身で行うヨガから離れた



少しずつだったヨガの練習が
ある朝しっかりとフルでやれるようになったのに
驚いたのは自分だった



大抵の人が癒しや解放を得ることのできるヨガだが
ここ数年の私にとってはそうではなかった



ヨガは人と競うものではないと伝えながら
できない自分が嫌だった
過去の自分と比べていたのだ



できない自分からずっと逃げていた



だがAsami先生のご指導のもと
できない事に向き合い
いつも励まし続けてくださったおかげで
私の身体の歪みは徐々に取れ
心の歪みもとれ、顔の調子も良くなった



これは少々自慢になってしまうのだが
ここ最近に何度か、みどりさんは美しいと言われたのは
顔の歪みが取れ、心も顔の調子も良いからである
とても嬉しかったのは言うまでもない(笑)



今でも毎回ハイヒールのレッスンではどこかが
必ずうまくいかない
歪みは完璧には取れていない



今朝は生理前と塩分過多のおかげで
残念ながら浮腫みで顔の調子は良くはない



だが鏡を見て思う
顔の歪みはあまりない



私にとってこれはとても大きな喜びなのだ



2019年9月20日金曜日

男性の美しさ


私の一番の話し相手は夫だ



毎回ハイヒールレッスン、コンサルティングの度に
どんな内容だったのかどう感じたのか等を夫に話している



先日いつものように、宿題について今回も難しくて悩んでいると話すと
Asami先生が教えているのは単に歩き方だけではなく美しさでしょう?
そこから常にずれないようにすればいいんじゃない?
と何気ない調子で言った



そしてまたある日は
最近靴下の親指部分が破れないと思わない?
歩き方を変えてみたんだ
と得意げに報告してきた



確かに夫の靴下は右足の親指部分にしょっちゅう穴があき
右足だけの靴下が売っていればいいのにと思っていたのだが
最近は穴があかなくなっていた



Asami先生のBlogで綴られていた
フランス人ドクターが美しかった事
フランスは男性の方が美しいと綴られていた事を教えると
彼は少し考え、それって素晴らしい事だよなと言うので
何気なく美しさへの行動をしているあなたも素晴らしいよ
と褒めると少し嬉しそうにしていた




男性が美しくあるというとどこか女性的な響きがあるがそうではない
美しさは女性だけのものではない



男性でも女性でも何歳でも
それぞれの美しさがある
いつからでも誰でも自分が望めば変わることができる




2019年9月19日木曜日

宅急便が届けてくれる私の内なる思い




世の中は本当に便利になった



毎日食べるお米は玄米なので無農薬を選んでいる
北海道は涼しいので無農薬の良いお米があり
札幌の北海道米専門店で10年程配達してもらっていたが
今では横浜まで宅配便で届けてもらっている



毎朝の飲むコーヒーも気に入ったお店が札幌にあり
オンラインで購入できると知り購入している



毎日飲む青汁もアメリカのiherbという通販サイトで
オーガニックのものを購入している



水や洗剤、猫のご飯や砂、気に入っている蕎麦や
ドライフルーツやナッツ、重いものは全て通販



最近では珍しい種類のバラなども遠い他県から届く




私が住んでいる建物はいくつかの生協のトラックが来るので
その中の一つの生産者との関わりを大切にしている組合の
ものを選び毎週届けてもらっている



友人からの届け物や各地の美味しいものなどの取り寄せ品



何かしら荷物が届かない週は無い
日々何かが届いている



そうなると関わりがあるのが荷物を届けてくださる方



札幌では荷物が時間通り届かない事はなかったが
ここ横浜では時々遅れる事があった
そして配達の方たちは疲れきっている



引っ越してきて初めの頃はそういった状況に驚いたが
関東では注文した当日に届くというサービスもあり
人口と道路状況などを合わせて考えてみても
疲れるのも多少遅れるのも仕方がないと思うようになった



世の中には重箱の隅を突くようなクレームがあふれていて
その内容を聞き、そんな事で?と
驚きを通り越して怒りや悲しみがおこるほどだ



仕事だからやってくれるのは当たり前でしょ?
などと聞くとその感性に心から悲しくなる



宅急便に関して言えば
遅れたくて遅れた訳ではないはずで
もちろん時間通りに届くのが一番だが
重いのにありがとうございますと心から思い
そう伝えるうちに
我が家に荷物を届けてくださる方達は
とても良い笑顔で返してくれるようになり
時間に遅れる事もなくなった



愉快な事も不愉快な事もあるが
自分の受け取り方次第で変わる



人を変える事は出来ないので
自分がどう思うか
どう行動するか
どう受け取るか
愉快も不愉快も全ては自分自身で決めている



綺麗事かもしれない
だが物事を良い面から捉え続けていきたい
醜い事、辛い事、嫌な事
私の中に澱のようにあるそれらを知った上で
上っ面ではない本質を知った上でそう捉えられたらと思う





2019年9月18日水曜日

白昼夢





Asami先生のBlog「身体の極限と向き合ってきた人生」
先生のビジョンを読み、私は白昼夢を見た



私はAsami先生より年上ではあるが
先生から姉のような、母のような心を感じ
前世から魂が知っていたような
不思議な思いをはじまりから抱いていた



生まれたばかりのTifannyちゃんも大きな愛を発している
赤ちゃんは愛を受ける対象であるが、もう愛を発しているのだ



先日のブログでも綴ったが
お二人とskypeを通して会っただけで
2週間の劇画調の私が変わったほどのエネルギー
穏やかで静かな強いエネルギー



私はそのエネルギーに触れ、ただ喜んでいた
毎週このエネルギーに触れられると喜んでいた



でもコンサルティングを卒業する日は来る



そして多分最初からわかっていた



卒業した後、いつまでもAsami先生のレッスンを
今のようには受けられる日は続かないと




まだ3ヶ月目のコンサルティングであるが
独り立ちしていかなければならない
その日は遠いと思いたかったけど
そんなに遠いことでもないと先生のBlogを読みながら感じる



その思いを胸に抱きながら受けたハイヒールレッスンは
宝物のように感じた



Tifannyちゃんの顔と声も心に刻む
レッスンが、楽しかった子どもの頃の夏休みの思い出のように
切なく胸に迫る



レッスンは毎回とても貴重で大切な時間なのだが
月並みな表現だが、まさに二度とない時間だと切に感じた



もう少し早く始めていたらもっと長くレッスンを受けられたのに
と思ったりもしたが
きっと今このタイミングだったのだとも思う



そしてあの時に
申し込んでいなかったらさらに後悔しただろう
だからきっとこれでいいのだ
長い時間、迷わなくてよかった



Blogを読んですぐ
私は世界の真ん中でただ立ちすくんでいた



だがこれからの数ヶ月で
世界の真ん中で右も左もわからないけれど
堂々と立つことができるようになる
そうなっていかなくては


2019年9月17日火曜日

ナチュラルに美しいとは





数年前からオーガニックやロハス(健康的で持続可能なライフスタイル

人にも環境にも優しいライフスタイル)
ヨガや菜食、グリーンスムージーやスーパーフードなど
健康的でナチュラルなライフスタイルを好む人が増えてきている
私もそのうちの一人だ



このようなスタイルが好きな方が着ている服で多いのが

身体のラインが出ないリネンやコットンの服だ



私もリネンとコットンが大好きで沢山持っているし

身体のラインが出ない服もある



だが麻袋のような服といったらいいのだろうか

タボダボにダボダボを合わせていくような服はどうも好みではない



私の好きなアメリカの女優の一人、ジェニファー・アニストンは

ナチュラルで健康的、そしてセクシーである



美しいブロンズの肌、キラキラした髪、健康的な身体




彼女の美しいスタイルを見れば、日々食事に気を使い

エクササイズをしているのは一目瞭然だ



美しいドレスを着て、ハイヒールを履いている時もあれば

レギンスにタンクトップの動きやすい服の時もある
だが決して麻袋は着ていない




麻袋のような服が悪いのではない

問題はその服を本当に心から望んで着ているかと言うことだ




もし仮に、最高に美しく引き締まったジェニファーのような

身体を手に入れたその時もその服を着ているか



私なら絶対に着ない




正直に言えば私も自分自身の身体には満足はしていない

だが隠すような服を着た自分も美しく見えない事を知っている



ナチュラルな美しさというのは決してありのままでいるという

ことではない
ナチュラルに美しく見える人も多大な努力を重ねているはずだ