2020年11月30日月曜日

美しさで人に気付きを与える



昨日はBelle passion YUKIKOさんとの
エクスチェンジレッスンでした




YUKIKOさんのblogを拝読して感じるのは
美しさへの妥協のなさと
美しさについて深く考察されている
ということです




それはASAMI先生のASAMI-PARISの
半年間の専属コーチ契約をされている事
モナコ、パリコース等を受講されている事
からも意識のレベルの違いが感じられます




私も含めてよくあることですが
ワークショップやコースを受講して
その時は良くても落とし込みが足りずに
受講しっぱなしの状態になってしまう事が
ありますが、YUKIKOさんにおいては
日々意識されて自分のものにされています




私がコーチ役の時にYUKIKOさんが
振り返る一瞬があったのですが
デコルテを張り
両手は体側にスッと伸ばされた
凛とした美しい姿にハッとしました




いつの日かのASAMI先生のinstagramで
拝見したモナココースのシーンだったと
思いますが、その時のYUKIKOさんが
脳裏に蘇りました




この一瞬でこのように美しい立ち姿になる
それは日々の努力と意識でしかないです




レッスン後にお話しさせて頂いた時の
YUKIKOさんが返してくださる言葉も美しく
その美しさと優しさによって
気がつかなかった自分のネガティブな言葉の
使い方に気がつき、思考の方向転換をする
事もできました




美しさによって気付きを与えてくださる
素晴らしきYUKIKOさんへ
感謝と愛を込めて



2020年11月27日金曜日

全ての精進している仲間達へ



以前にも綴りましたが
今年は慈悲の瞑想のマントラを
よく唱えています




以前、綴ったblog
慈悲の瞑想のマントラの一部をご紹介しましたが
今回もマントラの一部をご紹介したいと思います




 今この世界で共に精進する者たちよ


今この世界で共に生きる僧侶たち
小僧たち、精進する全ての男女たちよ


彼らが敵意から起こる怒りや
悪事から解放されますように


彼らが怒りから起こる
痛みから解放されますように


彼らが自ら平穏を選び
それを保つことを何より願っています




このマントラはほんの一部で
まだまだ祈りが続きます




結論から言うと
宇宙のあらゆる方角へまで
祈りは続きます
それはまた別の機会で
紹介したいと思います




家族や友人
自分が関わる人たちのために
祈ることははあまり難しくない
ように思います




ここで取り上げるのは
全ての精進している人たちです




これはほんの一例ですが
日本ではお布施というとお金を支払うという
イメージが強いですが、仏教国のタイでは
自分への投資のような感覚なのだといいます




お坊さんに托鉢をしなければ
お坊さんはご飯を食べられない
そうするとお寺は無くなってしまい
自分は仏教の教え(仏法)を聞く事ができない




お布施はお坊さんの環境を整えているのではなく
自分の環境を整えているという考え方です




托鉢を受けるお坊さんも
決して自分たちは上の存在ではない
というマインドセットなので
必ず裸足で托鉢を受け取ります




ではお坊さんや宗教を信仰している方
修行や祈りをしている方たちだけが
精進している方達なのでしょうか




ともすると人は
何故あの人はこうなんだろう?
私ならこうするのに、と
自分の正しさを勘違いする事があります




ですが、誰かを見下したり
誰かを落として自分の価値をあげようと
するのは間違いです




私の知るドクターにいつも自分の考えを
疑ってかかるという方がいます




それは自分に自信がないという事でなく
本当にこれで正しいのだろうかと
大切な命に関わる事を、最後の最後まで
模索し続けて検討し続けているからです




精進するということは
誰かと自分を比べることなく
自分で自分のボーダーラインを
超えていくことなのです




明日と明後日のblogはお休みします
いつも読んでくださりありがとうございます



2020年11月26日木曜日

機嫌の悪い夫と付き合い方





夜明けの時間も遅くなりましたが
私はいつものように4時頃には
元気いっぱいで目が覚めます




早くに寝るので朝が元気かと言うと
そうではなく、すっかり私のペースに
なった夫も仕事が早く終わった日には
さっさと10時前には寝ますが
8時間以上寝た後にもぐずぐずと
なかなか起きられません




私の両親も姉も朝型で
毎年、夏休み中ずっと泊まっていた
親戚の一家も早朝から釣りやサーフィンに
行くような朝型でしたし
我が家によく泊まりに来ていた友人達も
起きた時から元気いっぱいだったので
朝起きてすぐに不機嫌な人は私の周り
にはいませんでした




学校や仕事などで会う人たちの中には
朝が苦手な人もいたかもしれませんが
起きた時に会うことはないですから
夫が私にとって唯一の朝が不機嫌な人です




朝が一番絶好調の私にとって
機嫌が悪い理由がさっぱりわかりませんが
それにしても本当に機嫌が悪く
言葉は悪いですが、ムカつく・・・
という感想がぴったりです




絶好調とムカつくという
相反する状態の朝
輝く私の朝を台無しにされるような
気持ちに何度もなります




不機嫌な人というのは
負のオーラを出すのが
とてつもなくうまいです




4人の機嫌の良い人と
1人の機嫌の悪い人がいると
大抵の場合、たった1人であっても
段々とその場の雰囲気が悪くなります




それが10人対1人であると
大分薄まりますが
それでもその1人の負のオーラは
水の中に落とした墨汁のように広がります




ですから機嫌が悪い人とは付き合わない
のが一番の対策ですが、私の場合、
一緒に住む夫なので避けようがないのです




そんな態度をされると
こちらまで気分が悪くなると言うと
朝からあなたに合わせて気を使って
元気でいればいいのかというような事を
言われる事もあります




元気いっぱいでいてほしいわけではなく
機嫌を悪くしないでほしいだけだと言っても
状態が悪いので聞く余裕もありません




仕事が大変で体も疲れているのは承知の上で
朝から機嫌が悪いなんてスタートとして最悪だし
私に対して失礼だと思うと言うと黙っていましたが
数時間後に職場からメールが来て
本当に悪いと思うけど、機嫌が悪いときは放って
おいてほしい、しばらくしたら元に戻るからと
謝っていました




こんなやりとりは数年に一度
イベントのように訪れます




しかし夫が勘違いしているのは
私は元気いっぱいで朝を迎えますが
悩みがないわけでも
怠い時がないわけでもなく
落ち込むこともできますが
ただそれをしていないだけだということです




私が元気で楽しくいられるのは
夫のおかげな事がとても多いので
その感謝を忘れないようにしたり
(時々忘れますが・・)
体調管理をストイックに行い
努力をしてベストな自分で
いられるようにしています




こんな事を機嫌が悪い最中に言うと
100%受け入れてもらえませんが
時間をおいてから話すと受け入れる事が
できるようです




私まで機嫌が悪くなってしまった時には
何故、私が我慢して時間をおいて
あげなければならないのか?
と腹立たしく思うこともありますが
経験上、時間を置くのが一番です




結婚はカルマであり修行だと言いますが
本当にその通りだと心から思うのです




2020年11月25日水曜日

環境が自分を作る



 ASAMI-PARISのチームに
Allure Ayumiさんが加わりました




Ayumiさんは風水や四柱推命を
学んでおられます




私は風水にとても興味があり
ワークショップに参加した事もありますが
本格的なこととなると、とても難しく
良いと言われている事を取り入れられる
範囲で行うスタイルに落ち着きました




我が家には数匹の猫がいますので
インテリアなどは多少気を使う事が
ありますが、基本的に人間が優先です




我が家の猫達はとてもフレンドリーで
お客様が大好きです




旅行に行く際にはペットシッターさんに
お願いするのですが、多くの猫を見ている
シッターさんも驚くほどの人懐っこさで
お世話が楽しいと喜ばれます




一方、9月に仲間入りした保護猫めめは
警戒心が強く夏休みの一週間は一度も
シッターさんに顔を見せませんでした




ですが、先日シッターをお願いした際には
2日目にはもう顔を見せるようになったようで
これにはシッターさんも驚いていました




猫飼いの友人はこれは私の努力によるもので
お外出身の猫さえも警戒心を緩めたのよと
言ってくれますが特別な事は何もしていません
ので、環境によるものだと思っています




では猫に良い環境作りを気にかけているかと
いうと先ほど述べたようにそうでなく人間優先です




ですが人間が居心地良く過ごせるのなら
動物も居心地良く過ごせて当然だと思うのです




我が家の床材は北海道の無垢の床材ですが
これは北海道出身の夫の希望によるもので
横浜にいながら北海道の雄大さを感じます




猫達も北海道から一緒に旅してきたので
この床のエネルギーを気に入って
元外猫の警戒心すらもおおらかになったの
かもしれません




Ayumiさんが加わられたことで
風水の世界がさらに広がる事が
とても楽しみです






2020年11月24日火曜日

美しさへ至る道



本日は週に一度のハイヒールでした




私がハイヒールのレッスンを好きな理由は
沢山ありますが、一番大切な身体が整う事
以外の理由としては、努力のしがいがある
からというものがあります




ASAMI-PARISのハイヒールメソッドは
単に体を鍛えるだけではなく美しさも
意識して行います




私が常日頃思っているのは
美しい動きとは
人体工学的にも正しいという事




一流のアスリートやダンサーの
動きが美しいのと理由は同じです




その美しい動きを手に入れる為には
数週間や数ヶ月では足りず
その競技を続ける限り、歩みを止める
という事は決してないのです




ASAMI先生との動画を見直すと
どのシーンでも先生は美しいです




私もハイヒールコーチとして意識は
していますが、まだまだあちこち
山のように修正の箇所が沢山あります




ハイヒールのレッスンでいうと
その一つ一つを先生が修正してください
ますが、次の週にも保っていられるかと
言えば話しは別で、先週できたことが
今週はできなかったり、またその逆も
あります




ですから上手くいかなくてがっかりする
こともあるのですが、自分の身体の観察
が趣味のようなこともあり
ASAMI先生に、右の腹筋が落ちています
ですが、腹筋を上げると左に回ります等
教えていただくと
ああ!そう言えば!!だからか!!!
と謎解きができて嬉しくなるのです




生まれながらにして美しい容姿と
優れた身体能力の方もいますが
何の意識もしなければ衰えます




ですが努力をし続けるのなら
必ず誰もが平等に美しく歩けるように
なるのがASAMI-PARISのメソッドです




それは12センチのルブタンを履いて
上手に歩けるというような事だけが
ゴールでは決してなく、その過程に
おけることの全てが美しさを作り出す
要素となります




モデルのように歩くのでもなく
ただ上手に歩くのでもなく
パーフェクトな美しさを狙って歩く




Asami先生の教えてくださる
パーフェクトな美しい歩きとは
身体にも心にも効き
美しく魅了される動きです




美しさへ至る道は容易くはなく
はっきり言えばとても難しいのですが
この難しいところも私は好きです




努力のしがいのあることを見つけられた
それはとても幸せなことだと思うのです






2020年11月20日金曜日

性格タイプテスト



グループメールに一人の友人から
ちょっと面白いから
みんなやってみてと知らせがきました








所謂エニアグラムのテストなのですが
性格タイプを職業のようなもので
表しているのがとてもわかりやすく
なるほどと思うことが多く
なかなか面白いものでした




グループメールの人数は9人ですが
全員が全部違うタイプになり
大人になってからできた友人達で
付き合って10年程になりますが
細く長く楽しく付き合っている秘訣は
このバラバラの個性にあるのかも
しれないのと思いました




このテストは例えば
まず、論理学者型の性格
そして、その性格の説明があり
最後に同じタイプの有名人は
アインシュタインやニュートン
と言った具合の結果が出ます




実はこの論理学者型は私の夫ですが
彼の複雑な脳内はやはり私とは違う
特別な思考なので、分からなくて当然
だったんだなとしみじみと思いました




逆に親友は私と同じ
エンターテイナー型で
やっぱり感性が同じ!
と盛り上がったのでした




エンターテイナー型の説明の一文に
良い友人達と楽しく過ごすひとときが
何より至福の時間ですとあるのですが
まさにその通りで、私が人生を旅したい
と夢見る最大の理由はここにあります




いろいろな土地の景色や建築物
それももちろん魅力的なのですが
私が一番に求めているのは
人々との一期一会の出会いです




逆に人との会話が苦手な夫にとっては
見ず知らずの人と話すのは苦痛でしかないので
私たちは本当に良いコンビだと思います




私たち人間は
良い部分もそうでない部分もあり
完璧ではない存在です




それぞれの違った部分を認め
尊重しあえるのならば
もっと世界は優しくなる
そんな風に思ったテストでした





明日から月曜日までのblogはお休みします
いつも読んでくださってありがとうございます
次の更新は火曜日の予定です




素晴らしい三連休をお過ごしください





2020年11月19日木曜日

身体の変化の喜び



 我が家からバスと電車で東京駅へ
そこから徒歩で銀座へ行き散策し
さらに羽田空港へと、1日中
10センチのヒールで出かけました




私のblogに度々登場する親友と
共に出かけた楽しい1日だった為
あっという間に時が過ぎましたが
それにしてもこんなに長い距離と時間を
10センチのヒールで過ごせるように
なるとは一年前には想像できませんでした




ヒール姿を見た友人は
「みどりちゃんと言えば
真夏でもムートンブーツだったのにね」
と言いましたが、本当に私と言えば
真夏でも寒がりでムートンブーツを
愛用していることで有名だったのです




世の中ではハイヒールは痛いもの
身体に良くないものとの認識が多いですが
私で言えば、ヒールのあるブーツを履いて
足が痛くなり、頭まで痛くなった苦い
思い出がありました




そしてハイヒールには全く縁がなく
少しでも履こうと思うことは
ありませんでした




そんな私が興味を持ったのは美しい妊婦で
あったASAMI先生の存在だったのですが
私の直感は正しかったのです




私は長年の経験から身体に良いものを
見る目がとても優れていて
この選択の結果は単に身体に良いだけではなく
美しく生きるという眠っていた願望までもを
引き出して頂きました




ムートンブーツを愛用していた私は一年で
ヒールがある靴で過ごせるようになり
その変化に気がついてくれた友の存在と共に
とても嬉しい楽しい時間となりました





2020年11月18日水曜日

今ここにある美しい時



近所のイチョウがいつの間にか
美しい黄色に色付いていました




私の中でのイチョウの黄色は
札幌にある北海道大学
通称、北大のイチョウ並木です




北大のイチョウ並木の黄色の世界は
まるで夢の中の世界のようです




ですが札幌に住んでいる当時は
紅葉は冬の始まりで
冬が始まると雪が降り寒いと
心が鬱々とする季節がやってくる
サインだったので、美しいと感じる
より先に嫌だな・・
という気持ちがありました




横浜に住むようになり紅葉の季節に
なると今度は北大のイチョウ並木が
見たくて、先月は札幌を訪れました




結局はまだ時期が早かったので
見られませんでしたが
友人が写真を送ってくれました




桜についても同じ思いがあり
東京に住んでいた時は桜をそんなに
気にしていなかったにも関わらず
札幌に住んでいた時には
あのむせ返るような桜を見たいと
心から願っていました




こうして見ると私は今ここではなく
いつも過去の思い出や
ここにはない景色を追い続けていたのだ
とわかります




今この時を感じ
あらゆるものの中に
美しさを見つけたい




そう言い続けながら
いつもどこか違う場所を見ていたと
近所のイチョウの美しさに目を留め
私を喜ばせようと北海道のあちこちに
連れて行ってくれた夫の心を思いました




今ここにある美しい時を
感じ続けることを忘れないようにと
思いを新たにできたひとときでした





2020年11月17日火曜日

チャンスに変える



Asami先生の素足のエクササイズの
ビデオをお持ちの方やASAMI-PARIS
チームのレッスンを受けられた方は
様々なエクササイズを行われたかと
思いますがどのエクササイズが一番
のお気に入りですか?




私は踵から着地をするエクササイズ
が一番のお気に入りで、体の調子が
イマイチな日はグラグラとし、逆に
調子の良い日はピタッと決まり体の
指針となる




Asami-Parisのエクササイズは一見簡単
そうに見えるが、シンプルが故にごま
かしの効かない動きだ




今、ウイルスの件で不要な外出を避けよ
うと言われている




私はもともとインドアなタイプだが
それでも自らの意思で外出しない事と
仕方がないので外出しないのとでは全く
気持ちが違う




これが外出が好きな方であれば尚更辛い
状況にあるだろう




数々のニュースにより不安で眠れない
怖くて買い物にも行けないという方も
沢山いらっしゃる




外出しない事で人に会わなくなり、気分
が落ち込み気分転換もできず不安が募り
鬱々とした気持ちになる




私もコンサルティングで、毎週Asami先生
とお会いできない状況であればどうなって
いただろうか




ウイルスに対抗するには徹底的に避ける事
以外では栄養と睡眠を取り、適度な運動を
する事が推奨されている




人が多いジムに行く事や外を走る事もまま
ならない今、Skypeで受けるハイヒールの
レッスンは最高の選択だ




世界で一番美しくハイヒールを履いて歩き
モナコとパリ、そして大いなる大自然の
エネルギーを放つAsami先生とのレッスン
は、体だけではなく心と魂までもが美しく
研ぎ澄まされて行くような感覚を覚える




頭の中には一切の思考がなくなり
言葉を受け取り、体に意識を集中する
瞑想の感覚と同じ状態になる




正直に、レッスンから離れればこの感覚を
自分で保つのは困難を極めるだろう




今日のレッスンでも12センチのヒールで
バランスを取るのは難しかったが、途中で
瞑想のような状態になり、終了した時には
心と体が解放された




グループで行う運動の良さとは、私のように
怠け癖のある方であれば、その場に集まる人
のエネルギーに力づけられて自らも頑張れる
ということがあるが、ハイヒールのレッスン
とはそれとは違う研ぎ澄まされた感覚だ




一切の甘えはなく、だがそこには愛と尊敬が
あり、その一瞬を生きている




思うように外出できない事はとても不便で
心も蝕まれる




だがこんな時だからこそ、十分に力を蓄え
チャンスに変えていけるように視点を変える




それは一人ではなかなか難しいかもしれない
私もその一人だ
自分の弱さを知る事はとても大切で、知る事
により対処していける




自分だけでできないのなら
適切な人に力を借りたら良い




ハイヒールのエクササイズでは単に筋肉を
鍛えるだけではなく、美しくなるという事
も可能になる




家から出なくともできるSkypeのレッスンで
美しいAsami先生はもちろんの事
その元で学んだAsami-Parisチームの講師陣と
共に、身も心も強く美しくなりましょう


2020年2月のblogより

2020年11月16日月曜日

感情を操る訓練



私は短気でせっかちで
笑ったり泣いたり怒ったり
感情表現が豊かな方です




それらの感情は年齢を重ねて
コントロールできるようになりましたが
基本的な性質は変わっていません




感情を操る訓練というと
心を穏やかに保つような事と思い浮かぶと
思いますが私が行っていることの一つに
笑うことがあります




笑うことで感情のコントロール?と
思われる方もいるかもしれません




ラフターヨガ(笑いヨガ)という
面白くもないのにひたすら
笑うというものがあります




この笑いヨガを行った当初は
笑いたくもないのにただ笑うとは
難しいどころか苦痛の時でもありました




何度かblogでも綴っていますが
人間の基本的な感情はネガティブです




暇があり感情を放っておくと
勝手にネガティブに物事を考え出します
気分を落ち込ませるのは簡単なのです




それでは逆に気分を盛り上げることは
簡単でしょうか?




楽しい時や嬉しい時
気分が良い時に盛り上がるのは
簡単です




ですが落ち込んでいる自分を
盛り上げる
それはとても大変なことです




私も時々夫にしてしまうのですが
自分の悪い機嫌を隠さず前面に出し
人に機嫌を取らせている人がいます




人間ですから機嫌が悪い時も
落ち込んでいる時もありますが
そこを人に見せないような
最低限のコントロールは必要です




笑いヨガでは声に出さないで顔だけで
行うエアー笑いというものも行いますが
(大声で近所や家族に迷惑をかけない為)
それだけでも脳が騙されて気分が明るく
なるのを感じます




ロビン・ウイリアムズが主演した実話を
基にした映画「パッチ・アダムス」では
病気の子供たちへのユーモアによる治療を
テーマにしています




笑う事が病気の方々に効果があるなら
健康である人たちにとっても効果は
必ずあります




笑いヨガはあまり美しくはありませんので
(全力で爆笑します)
簡単に実践しやすいやり方としては
口角を上げて微笑むだけでも効果はあります




私はバスルームへ行く度に
満面の笑顔を作るようにしています




そして満面の笑顔を鏡で眺め
今日も最高の笑顔!
本当に美しくて大好き!等
自分を褒めるのもおすすめです
ちょっと照れ臭いかもしれませんが
できれば声に出すととてもいいです




自分の機嫌は自分で取るのが基本です




笑顔を作るのは一瞬でできますし
お金も時間もかかりません




気分良く過ごしていれば
感情も安定しコントロールしやすく
ストレス軽減にもつながり
その結果、免疫も上がり
健康にも繋がるのです





2020年11月13日金曜日

落ち込んだままでいたい時



婦人科で先月行った年に一度の検査の
結果を先生が説明してくださった




私の年齢にしては全ての数値が良好との
事だったが、ただ一つ骨密度は同年齢の
平均値より数パーセント程低かった




数値を見ながら先生が
お肉もお魚もしっかり食べている数値だね
でも骨密度は低いからビタミンDのサプリ
を摂ってみたら?と仰った




私はお肉もお魚もほとんど食べておらず
逆にビタミンDサプリは何年も摂っている
真逆の結果が面白いなと思う




年に一度の検査は、飲んでいる薬に対する
安全性の確認の為に行っているのだが
私の健康さを証明してくれているようだ




面白いことに私はいろいろな検査をする度
男性並みに心肺機能が強かったり
いろいろな数値がとても良かったりなど
自分が弱って行った検査なのにも関わらず
強さを毎回証明されるのだ




そしてその結果を見ると
弱っていた身体につられて弱った心が
一気に引き上げられていくのがわかる




人間なので体調が優れない時
心までも落ち込むことがあるし
落ち込んだままでいたい気分の時もある
それも時々ならいい




だが、大切なのは時々という事と
いつまでも長引かせない事だ




落ち込みすぎると引き上がる時には
もっとずっと力がいるのだから




土曜日と日曜日のブログはお休みします
いつも読んでくださりありがとうございます















2020年11月12日木曜日

人生を精一杯生きる



70歳になる友人が横浜に新幹線で
会いに来てくださった




彼女とは数年前に出会った




彼女が着ていたセーターがあまりに
素敵だった為に声をかけると
ご自分で編んだと言う




編み物をされるご婦人は多くいるが
彼女の編み物はアートであり
お話しを伺うと経歴も良い意味で
普通ではなかった




その場ですぐ
私にも作っていただけないでしょうか?
とお願いすると快く受けてくださり
二枚の素晴らしいセーターをいただき
それは私の持つ唯一のセーターになった




昨年、彼女は結婚した
年上の優しく理解のある男性と




一般的に言えば高齢である二人だが
ご主人は要職についておられて
若い世代の教育の為に出張で飛び回り
友人も毎日を忙しく過ごしている




以前のblogで綴った私のゴッドマザーも
60歳の時にフランスのルルドで出会った
通称パパと遠距離恋愛の後に結婚した




まるで映画の主人公のような方達だが
周りからは色々言われたり
理解されないことも多かったと言う




結婚はしなくてもいいと思っていたの
と彼女は言う




確かにいろいろと簡単ではない問題を
抱えながらというのも間違いないが
お互いがお互いを選んでパートナーに
なった、ただそれだけ
しがらみなく自立した愛の形




神様に頂いた魂は綺麗にお返ししなく
てはならないの
だから精一杯綺麗にしてお返ししよう
そう思って毎日を生きているのよ
と彼女は笑った




数々の困難と病気を乗り越えてきた
彼女を前にして、元気一杯で怠け者の
私の悩みは小さく小さく見えた




おしゃべりをした後
彼女はまた新幹線に乗って帰って行った
私が行くと言うのにまた次も来てくれる
そうだ




新幹線は早いし
年寄りだから安いのよ!だそうだ
やれやれ、全く年寄りじゃない




帰り道
ずっと迷っていたことを
後悔のないように実現しよう
もっと素敵な人間になろう
そう誓った




いつからだって
何歳だってできると
言葉で言うのは簡単だが
実現した方達を
全力で生きている方達を見て思う




夜は朝の前にあり
そして夜は必ず明ける




いつからでも遅くない






2020年11月11日水曜日

感情というバイブレーション



今年になって慈悲の瞑想のマントラを
唱えることがとても多くなりました




サンスクリット語のマントラもとても
好きですが、最近はパーリー語という
主に上座仏教の経典で使われている
言語のものを唱えています




この慈悲のマントラは全部唱えると
15分程の長いものですが
今日はその中を一部を日本語訳で
ご紹介します




敵意から放たれ自由でありますように

敵意から起こる怒りや悪意から解放されますように

怒りから起こる痛みから解放されますように

私が自ら平穏を選び
それを保つことを願っています




ここで言う敵意とは敵対する何か
という意味ではありません




例えば私は大きな虫が苦手なので
その虫に対する思いや
誰かに対する嫉妬や妬みの感情など
自分がネガティブに捉えてしまう感情と
言い換えるとわかりやすいかもしれません




ネガティブが育つと
怒りや悲しみが育ち、心が痛い
心が痛ければ、身体も痛い




私達は感情というバイブレーションを
自分自身にストックしています




それがネガティブな感情であれば
バイブレーションは保存されているので
常に自身に影響を及ぼしています




ネガティブなマインドは
人間に備わった生存本能でもありますので
捨て去ることは困難ですが、訓練によって
コントロールができます




ハイヒールで歩くこと
美しいダンスや武道
自らコントロールできる人は美しいです




それはまた心も同じです




訓練によってマインドはコントロール
できますと綴りましたが、一朝一夕に
できるものではありません




ですが、瞑想やマントラを唱えたり
写経をしたり、掃除だったり
何かの稽古であったり
ご自分に合うものが必ず用意されています




世界は私(あなた)から始まっています
見える世界があなた(私)なのです





2020年11月10日火曜日

何に美しさを見るか



 夫とキムチを食べている時に彼が
白菜の硬いところの部分を選ぶように
食べていたので
「あなたもそこの部分が好きなんだね」
と言うと
え?と困ったような顔をしたのだった




まだ幼い頃
白菜のお漬物が大好きだった私に両親が
小さなお皿に柔らかな葉の部分を私用に
と盛り付けてくれていた




白菜の漬物の鉢には
柔らかな葉の部分だけではなく
葉の下の方の白くて硬い部分があり
私はそちらが綺麗で好きだった




普段は反抗的な私だったが
父方が腎臓病の家系であった為に
私にそっくりだったという
まだ20歳だった弟を亡くした父は
弟と私を重ねて、私が塩分を取る事を
過剰に恐れていた為、何も言えなかった




その話しを夫にすると
普通、柔らかい部分が好きでしょ?
僕も柔らかい葉の部分が好きだけど
美味しい方を食べさせてあげたいな
と思って僕は硬い方を食べていたよ
ご両親もそう思ってたんだろうね




夫とのこの会話があるまで
私の子供心の記憶は
綺麗な白い方の白菜が食べたかった
好きだった方が食べられなかった
という残念な記憶だったのだが
誤解が解けたような思いだった




そして、そう言われて食べてみると
柔らかい葉の部分の方が断然美味しい




白菜の白い部分が綺麗だから好きだ
なんて言われなければわかる訳ないよ
と夫に笑われて
本当にその通りだと私も笑った




でもさ、小さい頃から白菜の漬物にも
美しさを見出してたなんて凄いね
ずっと美しさを求めていたんだね
見つかってよかったね、と夫が言った




そう、見つかって良かった




私はずっと
何を探しているかもわからず
探し続けていた




答え合わせをするように
探しているものが見つかり
願いが叶っている




私が見たい美しい人達
私がいたい美しい世界
叶えることができるのは
私自身