2020年7月13日月曜日

小さな世界を見つめて


庭には睡蓮鉢があり
蓮とメダカ、大量の小さなエビが
共存している




メダカとエビは減ったり増えたり
を繰り返し、今はエビが優勢で
小さな鉢に多分100匹くらいいる




この鉢の中ではもう生態系が
できているようで、私が手を
加えなくても、小さな世界が
出来上がっている




1ヶ月程前、メダカの名人と出会い
深海という名の珍しい青いメダカの
稚魚が我が家にやってきた



青い稚魚達の為に新しく立ち上げた
鉢の世界は新しく、まだ私の手助け
が必要で、20匹ほどの青い稚魚達を
かいがいしく世話をすると大きくなり
早くも卵を抱えている個体もいる




だが三日程前から一匹だったり
二匹だったり、少しずつだが
数匹の青いメダカが死んでしまった




もともとある鉢に10匹ほどいた
赤いメダカは今は二匹しかいないが
エビ達が食べてしまうのか
死んでしまったメダカを見る事はない




大切にしているメダカが死んでしまう
のはどちらにしても残念な事であるが
目で見える形と見えない形とでは
感じ方が多く異なる
だが起こっている事実は変わらない




青いメダカを庭へと返す
いつか花や木の養分になるか
猫や動物が食べるかもしれない




赤いメダカはエビ達の身体となり
今も生きている




小さな鉢の中をのぞき
生命のサイクルを知る




私の命もこのサイクルの一部だ




わかっていても
そんな風に達観したかのような
ふりはできない




幸せ、夢、喜びの為
時にはもがき苦しみ
それでも美しく強く生きると誓い
時にはその誓いを自ら破り
何度も破壊と再生を繰り返す




宇宙の中では一瞬の命
だがそれはとても愛おしい命




目に見えなかったこと
目に見えること




小さな生き物が住む
二つの鉢の二つの世界



2020年7月10日金曜日

私達が太陽になる


6月の下旬、久しぶりに会った友人の
インド人占星術者から
7/4から2〜3週間程後で惑星直列に
なるので、その期間中は気をつけた方
が良いと聞いていた




惑星直列とは太陽系の惑星が
ほぼ一列に並ぶ珍しい配置




太陽系の惑星の公転周期は様々なので
この惑星が一列に並ぶ事は珍しい現象
だという




天文学的には直列と言うよりは集合
という状態で、地球に何かを及ぼす事は
ないという事だ




だが私個人としては
何かイライラすると思いカレンダーを
見れば満月近くなどはよくある事であり
自然のリズムの中に身を置いていれば
影響を受けて当然だと思っている




友人からのアドバイスは
この期間は太陽の力が弱まっているので
起きたらまずは太陽を見る事




これは何時でも構わず
天気が悪くとも太陽を感じること
太陽を意識する事ということ




そして赤い服を着る事




10円玉など銅のコインを寄付すること

※例えばコンビニのレジ前にある寄付箱に
お釣りの10円玉を入れる等
海外であればチップに混ぜても良い




赤も銅も太陽のエネルギーである




弱いエネルギーでは履きこなせない
レッドソールのルブタンで歩く事は
とても効果的だろう




チップや寄付という概念は
日本ではなかなかわかりづらい
私もその一人である




だが感謝と共に自分のできる事を
社会に循環させていくという心




これからの時代はそれが必要と
なっていくだろう




この情報は多くの方にシェアして欲しい
そう言われていたものだったのに
なぜかできなかった




勇気を出すきっかけとなったのは
愛する師匠であるAsami先生である




私たちは必ず太陽に出会う




それは横にいる家族であったり
友人であったり知人であったり
同僚であったり
また師と仰ぐ人であったりする




私たち人間は太陽がなければ
生きられない




それは文字通りの太陽だけでなく
存在が私を照らし、勇気を得て
暖かな気持ちにさせてくれる人だ




占星術的にはこの非常事態は
来年の3月まで続くとのことだ




だがそれに落胆するのではなく
いつでも太陽を見つめ
私たち自身が太陽であり続ける
よう行動しなくてはならない




明日と明後日のblogはおやすみします
次の更新は月曜日の予定です




2020年7月9日木曜日

未来のビジョンが自分を作る


自分の望む未来とは
既に実現している




人は頭の中で描ける事はできると
言うが、本当にその通りだ




この現実は私の願った事ではない
そう思う事もあるかもしれない




だが全ては自分の選択の連続で今がある




食べた物が自分の体を作るように
行動や思考が今の自分を作った




夢やビジョンが伴走し
今の私を導いている




時に軌道修正をかける場合もあるが
それさえも自身の奥底では
既にわかっていた事だろう




最近、心から思う事は
道のりの全てに感謝がなければ
上手くいかないという事だ




それは感謝をしないからではなく
感謝できない状態の心
その心が問題なのだ




私の周りにいる成功者は
努力は大前提として
とにかくどんな小さな事にも
目を向け感謝をしている




私から見たら感謝できるような事
ではない事ですら感謝に変えるのだ




それは偽善などというものではなく
心からのものでその視点に感嘆する




私の拙い思考では
彼らに到底及ばないが
私は憧れをまた一つ見つける




その憧れがビジョンとなり
もっと良い人間になりたいと
私を導いていく





2020年7月8日水曜日

望んだ世界に変わる



どう生きるか
どう生きたいかと考える時
明確な理想はあるだろうか




例えば豊かに生きたいと考えた時
何を豊かとするのか




お金一つとっても
お金だけを追いかけても
お金がなくても
そのどちらも豊かとは言えないだろう




ここ最近は明るいニュースもなく
むしろ世界中が心配に包まれて
晴れやかな気持ちになる事はなかった




そんな中、タイムラインにある動画が流れ
何故か惹かれてクリックした





2012年にスペインのサバデル銀行が
130年を記念して行なったサプライズの企画
「歓喜の歌」のフラッシュモブだった




気がつけば涙が溢れていた





このような世界が必要だった




ちょうど先週、音楽と芸術のある場所や街に
身をおき、生きたいと願った
そしてきっとそうなるだろうと確信した




その世界がパソコンの画面を通して
目の前に流れてきた




世界中が苦しんでいる今
このような世界が必要だ




私は人を信じている
私たちは大きな力を持っている




私は豊かに生きたい
そして誰もが豊かに生きて欲しい




豊かの定義は人それぞれだ
そのそれぞれの豊かさが合わさった時
きっと素晴らしい世界になるだろう




2020年3月のblogです



2020年7月7日火曜日

攻めと守りのエネルギー


初めてのタイプの方と
電話で会話をした




弁が立ちエネルギッシュ
大変丁寧な口調だが
こちらがまだ話しているのに
被せてご自分の話しをする




私は言いたい事の半分も言えず
苦手意識をその電話の相手に持った




なぜ苦手意識を持ったのか




それはエネルギッシュな相手に
太刀打ちできなかったからだ




電話の後、切り替えるべく心を整えた




だが、それは表面上のことだった
心の奥底では何かモヤモヤした
消化不良なものが渦巻いていた




そんな事があった日の午後に
Asami先生のレッスンがあるのは
とてもラッキーだと思った




一気に集中モードになる




そしていつもの弱点のポイントが訪れた




何度も何度も修正して頂いた後
何が問題点かが自分でもはっきりと
気がついた時




エネルギーで言うと守りに入っていた
という感じでしたでしょう?
攻めのエネルギーですものね




とAsami先生が笑顔で仰った




おっしゃる通りです!
と答えながら、その言葉に驚いた




ただ守りに入り電話の相手に
伝えたい事を伝えられなかった事




失礼に当たるかもしれないと
話しを中断させる事ができなかったが
被せて話してくる相手にも問題はあった




その結果、苦手意識を持ち、勝手に
被害者のような気持ちになったのだ




正直にもうその方とは話したくないなと
思っていたが、今度は大丈夫、そう思った




ハイヒールのレッスンで
身体が整えられ
マインドもまた整えられたのだ





2020年7月6日月曜日

いつでも目の前に鏡がある


鏡を見る時はどのような時だろうか




ヨガをする時には鏡を見ない




鏡があるスタジオで行う時は
鏡のない方を向いて行う




レッスンの時には
心の目で自分を内側から見て下さい
そうお伝えする




外側から見ているインストラクターに
体をアジャストされ
内側から見た自分の体の感覚と
実際の体の感覚のズレを知る事になる
場合もある



練習を積むうちに、実際のズレも
自分で感じていくこともできるだろう




だができるかどうかは問題ではなく
知る事、認識する事が大切なのだ




ハイヒールのエクササイズや
筋トレやピラティス
自分で行う時には鏡を見た方が
良いエクササイズもある




だがハイヒールで外を歩く時は
時折窓に映る時を除いては
自分を見ることはできない




だが自分の目の前に鏡があるとして
そこに写っている自分はどう見えるか
それを心の目で見てみる




美しく歩いているだろうか
その自分の姿は好きだろうか
そこにはどんな自分が映るのだろうか




心もまた鏡に写すことはできない
それも自分の心の目で見るのなら
どう映っているだろうか




そこに映っている自分は幸せそうな笑顔
をしているのか
口角も下がり眉間に皺を寄せているのか
どのような場に身を置いているだろうか




鏡はありのままを映し出す
感情も抜きに
加工も修正もできない
そのままの姿を




時には見たくない事もあるだろう
鏡を見る時にだけ笑顔を作ることも
あるかもしれない
映る自分に衝撃を覚えることもあるだろう




だが、見ている時にも
見ていない時にも
真実の自分が映し出されている




映るのはいつでも自分自身だ






2020年7月3日金曜日

ビジョンを叶える為には


誰しもなりたい自分や目指す目標など
多かれ少なかれある筈だ




私にも数年間ぼんやりとした形だが
ビジョンのようなものがあった




だが、それを叶えるやり方も
そもそもそれが何なのかも
はっきりと掴めていなかった




自分のことなのにわからないとは
何事かと思うがそうなのだ




愛するクライアントである C様が
blogを開設された




美しいC様はお人柄も素晴らしく
ユーモアもたっぷり
優しさもたっぷり
愛情もたっぷりな方だ




C様はご自分のビジョンのために努力
されているが、その中の一つのとして
blog開設とは大変素晴らしい事である




blogを綴る事により
自分でも忘れていた事や気持ち
自分は何を大切にしているのかが
見えてくる




C様のblog




Art de Vivre と言うフランス語には

「生きる事全てがアート」

また「自分らしく生きる」と言う意味もあるそうです。

日々の小さな美意識を大切に

自分の軸を確立し

自分らしく美しく毎日を過ごしたい

との思いから Art de Vivre と名付けました。

〜C様のBlogより引用〜




生きる事全てがアート




このような美しい思いを持つ方が
クライアントになってくださったのも
とても嬉しいが、何よりも一個人として
C様のような素晴らしい方と出会えた事に
感謝している




ハイヒールコーチにならなければ
この美しい方と出会うことは
なかったかもしれない




ASAMI先生のもとで学びだしてから
行動するスピードの大切さも学んだ




以前だったら少し考えるという名の
逃げの理由を探していた




だが行動すると逃げる事が
できなくなってしまう




もしかしたら失敗するかも?などの
思考はとてもナンセンスな事だ
そう思うならそれはそうなるだろう




やるだけやったら後は任せる
それくらいに自分を信頼できるように
やってみたらいい




実際、物事とはそうするしかないのだ




真にビジョンを叶えたいのなら





土曜日と日曜日のブログはお休みします
次の更新の予定は月曜日です




いつも読んでくださりありがとうございます



2020年7月2日木曜日

嫉妬という感情


私には嫉妬という感情があまり無い




そんな事を言うと嫌な気分になる人
もいるようで、そんな話題になった
ある時に




「それはみどりちゃんがうまくいって
 いるからでしょう?」




と言われた事があった




もちろん私にも羨ましいと思う気持ち
はあるが、羨ましいと思う対象は大抵
尊敬や憧れの気持ちになってしまう




そして極端な面倒くさがりでもあるので
誰かについてあまりあれこれ考えたり
嫉妬したりもできないのだ




上記の人が言ったように決して
何でも上手くいっていた訳でもないし
上手くいっていた事については努力
していたのだ




だが、そもそも何故嫉妬という感情が
あまりないのかと考えてみると
歳の離れた美しく優しく完璧な姉の
存在が大きいからだと思う




もしかしたら年が近い姉妹だとライバル
になり得る可能性もあるのかもしれない




だが、私にとって姉とは姉妹だが
遠い憧れの存在で、嫉妬などという
感情を持ったとしたら、幼い頃から
勝ち目のない戦いを続けるような
ものだっただろう




私は聡明な子どもだった
姉の優しさと美しさをただ享受していた




PreludeのKateさんの三姉妹のお話しは
読むたびに温かな気持ちになり
子どもの頃の姉との関わりを思い出す




私の親友もとても美しく優しい人だが
時に嫉妬される事がある




私にしてみれば美しい人に優しくされて
嫌味な事を言える人の神経がわからないが
驚く事に世の中とはそういう人がいるのだ




美しく聡明な人たちが私を愛してくれた
おかげで、私は美しい人をただそのまま
美しいと素直に受け取る事ができる




美しさには嫉妬の入る隙間がないのだ





2020年7月1日水曜日

マスク美人?




どこでもマスク必須の状況である




マスクが嫌いな方も多いが
今やマスクをする事がエチケットであり
本来の口を覆うためではなく
心をガードをする為につけている状態
でもある




以下は以前綴ったblogになります





最近のニュースで北海道知事は、マスクを
するとよりイケメンだという記事を読んだ
全く失礼な話しである




とは言え一応、どれどれと写真を見てみると
マスクをしなくてもハンサムな男性であった




今回のマスク騒ぎ以前から、日本ではマスクを
着用する人が多かったが、その中で聞いた事が
あるのが、マスクをしていると美人に見える
強気でいられる、守られている気がして安心する
などの言葉だった




だから今回の件で良かった事は、これで大手を
振ってマスクができるようになった、このまま
マスクの習慣が当たり前になるようになれば
良いなどと言っている人がいた




全く理解不能だ




以前、友人から、美人の友人が車でなかなか
合流させてもらえない時には、窓をスーッと
あけ顔を出すと、一発で入れてくれるという
話しを聞き感歎した事があった




早速、私も美人の友人と車に乗った際
窓から顔を出して!と言い、彼女が顔を出すと
当たり前にすぐ譲ってもらえた




それでは私もとやってみると
まあまあ上手くいったのだった




(※上手くいかない時、相手が女性の場合は
  私の美貌を妬んでいるのねと言い
  男性の場合は、私の美貌が怖いのねと
  言うと少し楽しくなります)




私は人が振り返るほどの美人ではない
だが、窓を開けてにっこりする女性に
車を譲らない事ができるだろうか?




私はできない




これは美人か美人じゃないかが
問題ではないのだ




マスクをしている方が美しいと思う理由として
目は色々と加工しやすく美しく作れる、鼻や
口や顔の輪郭は変えられないから、マスクで
隠しておけるからだという




制服を着ている時は素敵だったが、私服を
見てガッカリしたなどは、よくある話だが
マスクの場合は外せば顔が変わるのだ




美しくなりたい、美しく見せたい
その努力がマスクありきとは努力の方向が
全く違う




顔も体もコンプレックスを隠すのでは
解決しない




私はガッチリとして強そうな体なので細く
華奢になりたいと長年思っていた
だが私は痩せたとしても華奢にはならない
Asami先生に目を覚ましていただいてから
私の自分の体に対する思いは変わった




このコンプレックスを隠そうとダボダボの
服を着たのなら、私は自分が醜い体をしている
と自ら暗示をかけることとなっただろう




先ほど述べたように、私は人が振り返る
ような美人ではない
だが表情や立ち居振る舞いで見せ方は
いくらでも変える事ができるのだ




だが、欠点を隠すという心がある限り
残念ながら変える事はできない




今のこの時期、マスクをする事がマナー
のような場合もあるだろう




マスクをしている時の気持ちが
仮面舞踏会での仮面的なマスクと
欠点を隠したいマスクとだったらどうだろう




マスクを取ったらガッカリされるかも
しれないというような気持ちではいけない
マスクを取った私を見たいでしょう?くらい
な気持ちでいてみてはどうか




あまりにも自意識過剰に聞こえるだろうか?




私は良く恋愛について相談されるが、決まって
言うことの一つに、自分の持っているものを
最大限に使っていけという事がある




軽薄に聞こえるかもしれないが
それには顔も含まれる




生まれつき美しくてもただ美しいだけでは
全く足りない
表情が美しくなければただの人形で
人はいかに美しく見せるかが大切なのだ




美しい人たちはそれを知っている
美しい人たちはさらに磨きをかけているのに
マスクで隠して安心している場合ではない




顔はあなたの美しい武器になる
どんどん有効活用しなくては




マスクを取った私はもっと美しい
それくらいの気持ちを持ってほしい




2020年6月30日火曜日

官能美のスイッチ


週に一度のAsami先生のレッスンは
毎回久しぶりにお会いしたような
そんな気持ちになる




様々な巡り合わせによって
以前から取得を迷っていた資格が
コロナ渦のため期間限定でオンライン
で受講できることになり、夫の後押し
もあり、チャンスに飛び付いた




その資格取得には多くの時間がかかり
正直に今の私には無くても困らないもの
だったが、心のどこかでは取得したいと
思っていた




そんな事をAsami先生にお伝えして
ハイヒールのレッスンが始まった




今日のレッスンでは
膝はいつも以上にガクガクで
ここまでグラグラなのは
初めてというくらいだった




何度やっても一つ目の
ポジションが決まらず
脚の運びもうまくいかなかった




腹筋も落ちているし
脚の運びの悪い癖も出まくっていた




そんな中、Asami先生が
本日は腕の抑揚を行いましょう
と仰った




まさかの腕であった




お手本で見せてくださった
Asami先生の動きにうっとりした




コンサルティング中にも見せて下さっていたが
更に美しいと感じた




いざ私がやると
肩を揺らして歩く不良のようだったが
何度か行ううちに心に変化があった




体感では未だ、不良かロボットの
ような動きなのがわかっているが
とても気分が良いのだ




その良い気分とは
私はとても美しい女性である
という事だった




腕の動きを練習しながら強く思った




7月から数ヶ月間、日曜日と連休は全て
早朝から夜までのトレーニングになるが
期間中、いま感じた美しい自分でいよう
いや、むしろ美しい自分でいたい、と




それを、Asami先生にお伝えすると
みどりさんの官能美のスイッチは
腕の抑揚だったのですね、と仰った




たかが腕と思うだろうか




だがこの腕の動き一つで
私の心が変わった




以前拝見した時も美しいと思った




だが今日このレッスンでは
以前とは違う感動があった




動きが齎す美しさに感動した




このように美しく生きたいと
腕の抑揚を見て強く感じたのだ




普段の生活ではもちろん
長時間にわたり何かを行う時
意識し続けるとはなかなか難しい




だが、こう感じたことには
必ず何か意味があるとわかっている
全てに偶然はないと知っている




レッスンに腕の抑揚を取り入れて下さった
Asami先生の神秘にいつものように驚く




美しさのその先にあること




意識し続けるのは容易い事ではないが
その先には必ず美しい事が待っている






2020年6月29日月曜日

痛みに寄り添う


ふとした時に過去の事が
脳裏に現れ、身悶えするような
身の置き場のない気持ちになる
事がある




それは大抵の場合は苦い思い出




過去に言われて嫌だった事
過去に起こった辛かった事
悲しかった事
恥ずかしかった事
弱い自分がしてしまった事




若気の至りであったり
無意識の言葉であったり
怒りの余りの言葉であったり
自分のために相手を傷つけたり




それは大抵、ホルモンの乱れる生理前に
起こるが、過去を後悔してもしょうがない
とわかっていてもふっと思い出すのだ




だがある時
これは自分の器が大きくなったから
起こる事だと聞いた




確かに、現在にいっぱいいっぱいの状況で
あれば、遠い過去のことを思い出す事など
できない




器の大きくなった今の自分だからこそ
過去を受け止めることができる




遠い記憶の自分を
現在の自分が受け止める




辛かった事、悲しかった事
荒ぶる心、恥ずかしかった事
その全てを受け止め、抱きしめる




いつだってあなたの味方なのだと
過去と現在
一人一人の自分に寄り添う




思い出すとは時に痛みを伴う




だが今の自分はその時の自分より
大きく強い




自分自身を救う事ができるのだから