2021年3月22日月曜日

余白の捉え方を変える



誰もがそうであると思いますが
私は忙しいのが好きではありません




ですが、私の友人や知人の中には
手帳に空欄があるのが好きではないし
予定が無いと不安になると言う人が
わりと多くいます




確かにフリーランスの仕事で
空欄があると不安になるのは
私にもよく理解できます




ですが、私は1週間、休日も含めて
予定が埋まっている手帳を見ると
ストレスを感じてしまいます
余白がないと自由がないように
思えてしまうのです




私のゴッドマザーは毎年手帳を
プレゼントしてくれるのですが
今年のものは大きな厚めのものを
送ってくださりました




彼女曰く
あなたは忙しくなるでしょうから
今年の手帳は大きなものにしたわよ
とのことでしたが、予言?通り
本当に忙しくなったのでした




大きく厚くなった手帳に書く予定は
素晴らしいことばかりになります




考え方によっては
面倒に思える内容もありますが
その少し面倒だと思っていた事を
同じ状況の方にお話しすると
素晴らしい経験を教えてくださり
そう捉えればいいのね!と
私の中のイメージが変わりました




手帳の余白も、余白がないことも
どちらも私には必要で大切なことです




そう思えるのは
私の捉え方が変わったから
それだけのことなのです





0 件のコメント:

コメントを投稿