2020年1月29日水曜日

知る事、感じる事


関東地方で雪の予報があり横浜でも
雪が降り、我が家の庭にもうっすら
と雪が積もった




庭にハラハラと舞う雪を猫たちが
初めて見るもののように見ている




横浜での雪の日は寒く、それは雪国
と関東の家の作りが根本から違う事
にある




ネットのニュースで関東地方に積雪
3センチの大雪の予報と出たのだが
それを見た札幌の友人は、3センチ
で大雪なんて笑ってしまうと呟いた




私は札幌に10年以上住み大雪やホワ
イトアウトの経験もあるが、関東の
3センチが大雪だと認識する意味も
わかる




人の量が数倍以上も違い、除雪車も
なければスノータイヤも雪道の運転
技術も雪用の靴もないのだから街が
混乱して当たり前なのだ




だがこれは経験しないとわからない
事なのかもしれない




ハイヒールについても同じ事が言える




ハイヒールは足に悪い
ハイヒールを履くと外反母趾になる
ハイヒールを履くと足が痛い




あげるとキリがないほどネガティブ
なイメージがある




これはハイヒールで正しく歩く事の
知識がない為に起こる事だが、では
知らない人が知る為にはどうしたら
いいか




ハイヒールに興味がある人は調べる
かもしれない
だが調べた先がどこに行き着くかも
問題がある




ハイヒールを鼻から諦めていれば
調べる事もないだろう




ハイヒールで正しく美しく歩ける人
を見かけても、自分には縁がない事
と思うか思わないか




私は自分には縁がない事だと思った




だが今、ハイヒールコーチを目指す
コンサルティングを受けている




正直に言えば、これは正しく美しく
歩くメソッドだとしっかり認識して
始めた訳ではなかった




ただAsami先生の歩く姿の美しさが
全ての正しさを物語っていた
美しい、それは私にとって一番
正しい理由だった




動物や赤ちゃんは本能的に美しさが
わかるという
それはシンメトリーで測っているとの
記事を読んだ事があるが、まさにその
本能的な部分で正しいとわかったのだ




コンサルティングで学ぶにつれ哲学や
理論がしっかりとある事を知ったが
美しさを感じ取った私の目は確かだった




情報がこんなに溢れているというのに
正しい事が伝わらない場合も多い




それは伝える側や受け取る側の感じ方も
あるのかもしれない




できるだけ色眼鏡で見る事なく知り
感じていきたい
そして私も正しく伝えられるように



0 件のコメント:

コメントを投稿