2019年10月11日金曜日

安定した美しさ


私の愛読書にアガサ・クリスティーの
エルキュール・ポアロのシリーズがある



20代の頃に出会い数えきれないほどの
回数を繰り返し読んでいるので本はボロボロ
になっている



クリスティーを全部読んでいるかと言えば
そうではなく
このポアロとミス・マープルのシリーズのみ
特にポアロのシリーズが好きだ



もう20年程繰り返し読んでいるので
ストーリーも犯人も知っているが読むと
精神が安定するのだ



このエルキュール・ポアロはイギリスに住む
ベルギー人だがフランス人と間違えられる




ゆで卵のような顔に立派な整えられた髭
頭脳明晰でグルメ
部屋は四角を好み、整理整頓され左右対称
着る物にはうるさく
郊外の農場などでも先の尖ったエナメルの靴を履く



そんなポアロを滑稽ととる人がいる
描写が多々ある
だがこの内側も外側も整えられた
ポアロがいつも最後に正しいのだ



人と違った価値観を持つ事を単純に
良しとしない人はどこにでもいるのだ




何故この本をこれほど繰り返し読むのか
コンサルティングを始めてからわかっった




ポアロの美学とメソッドがいつでもぶれないから
読んでいて安心するのだ



安定した美しさ
そこにたどり着ける日を目指したい






0 件のコメント:

コメントを投稿