2020年4月1日水曜日

一流のパフォーマンスをする為には


ここ数日、過去のコンサルティングの
動画を時間をかけて見ている




今だからこそわかるヒントやメッセージを
書き留め完成にはもう少しかかるノートを
作りつづける




もう少しでコンサルティングも終わりを
迎えるが、当たり前だがこれで完璧とは
決してならない




私が初めてヨガ講師になる為に学んだ時間も
このコンサルティングと同じくらいの期間で
あった




卒業後にも週に数回、師匠や先輩方のクラス
に参加し、スタジオで無料のクラスを同期と
共に行い、一人で行うヨガは常に誰かがいる
と設定して声を出しながら行い、いつも頭は
フレーズでいっぱいだった




ありがたい事にすぐにクラスを持つことが
できたがそれでも師匠のヨガのクラスを受け
続けていた




それは私だけではなく、クラスを持つように
なった同期のほとんどが同じであった




クラスの構成、生徒との接し方、音楽の使い方
他にも様々な事を、クラスを持ったからこそ
わかることが沢山ある




一番大切なことは骨組みを忘れないという事だ




そこがずれてきてしまえば伝言ゲームのように
最初の言葉と最後の言葉が違ってしまう




何かを学んでいたが、しばらく間が空いてしまい
久しぶりに再開した時に、あっ、そう言えばこう
だった、と大切な事を忘れていたのを思い出した
経験はないだろうか




恥ずかしながら私はとても沢山ある




その度に次はこんな事のないようにしようと
思うのだが、またやる




私は弱く怠け者であるので、誰にも頼らず
自分を強く律することはできないと自分で
よくわかっている




だからこそ常に継続しなくてはならない
これで完璧で終わりということはない




私のハイヒールウォーキングのスキルは
まだまだトレーニングが必要だ




コンサルティングを終えたからと言って
これで一人でできるというものではない




特に体の事となれば必ず第三者の目で
見てもらうことが必要なのだ




実際に、私は体に関しては信頼のおける
ピラティスの先生にプライベートで体を
見てもらっていた




それを聞いた人はヨガもやっているのに?
と健康オタクのように思われるのだが
ヨガとピラティスとでは専門が違う




横浜に来てから何人かのピラティスの先生
に見てもらったが、納得できずにいるうち
Asami先生に出会い、今ではハイヒールの
レッスンで歪みを見て頂いている




自分への投資とは色々なものがあるが
体のコンディションを整える為が一番
大切なのではないだろうか




それは体を鍛える為にジムへと通ったり
栄養のある食べ物だったり
マッサージに通ったりと人によって違う
だろう




野球のイチロー選手は怪我をしない事で
知られていたが、それは彼が一流である
証明でもある




一流のパフォーマンスをする為には
日々、おごる事なく鍛練し
一流の方の目で見ていただく事だ



0 件のコメント:

コメントを投稿