2019年12月18日水曜日

プロフェッショナルとして気をつけていること


世の中にはいろいろな種類のヨガがあり
解剖学、ヨガ哲学、サンスクリット語
アライメントの修正、シークエンスの
組み立て、呼吸法、研究の結果わかった
新しい概念、様々な瞑想方法、その他に
もいろいろ学ぶ事がある




私はヨガ講師だが、それらを全て理解
している訳でも憶えている訳でもなく
当然自分のわかる事しかわからない




ヨガ講師になりたての頃は当たり前だが
今より知識もなく、また自信もなかった
クラスで何か自分の知らない事を聞かれ
たらどうしようと内心思っていた




ある日、趣味で知り合った整体師の方が
私がヨガ講師と知ると嬉しそうに

「ヨガをずっとやりたいと思っていたんだよ!
 みどりさんのヨガを受けたいな」

と言った




そこにいた他の人達も僕もやりたい!と
騒ぎ出したのだが、咄嗟に私の口から
出た言葉は

 「整体師の人にはやりにくいなあ・・・」

だった




するとその人は真剣な顔で

「そういう考え方は良くない
 みどりさんが何を思ってそう言ったの
 かはわかる。でも、そういうのは全然
 求めてなくて、みどりさんだからお願い
 したいと思ったんだよ」
 
と言った




私には、整体師や鍼灸師の資格も持ちヨガを
教えている知り合いがいて、その人達は圧倒
的知識量を持って指導していたのでその部分
でどこか引目があった




その道のプロの方達の知識に追いつくの
はちょっとやそっとの勉強では限界がある
その知識を求める人なら、私のところには
来ないだろう




とても恥ずかしくなり、正直に
「そうだよね、なんだか恥ずかしいよ!」
と言い、その後みんなで大笑いした




彼は私にとても大切な事を教えてくれた




正しい知識を常に学び続ける
知らない事に遭遇したら調べる、又は
詳しい先生に教えを請う
だが決して頭でっかちにならないこと




そして大切なのは、あなただからと私を
選んでくれた事を素直に受け取ること
その気持ちに応えていく努力をすること




これが私がプロフェッショナルとして
日々、気をつけている事だ



0 件のコメント:

コメントを投稿