2019年12月10日火曜日

暮らしを楽しむ



友人のご主人が、電子レンジを使わないで
欲しいと言うので、使うのを辞めたという





急いでいる時や解凍したい時に
ちょっと面倒くさいのよと彼女は言うので
そうだよねと同情した





だが思えば、私も電子レンジで温めたものは
美味しくないと感じるのでそういった使い方
はした事がほとんどなかった





引っ越しを機に、少し古くなっていた事もあり
オーブン付きの電子レンジを処分した





それから約一年半経つが、電子レンジが無くて
不便な事は、寒くなってきて冷たい豆乳を少し
温めたいなという時以外にはなかった
これは鍋を使えば解決するが洗い物をできるだけ
少なくしたいという気持ちから思った事だった





横浜の友人は蒸籠を持っている人が多い





友人に連れられ、中華街にある有名な蒸籠屋さん
でいくつかの蒸籠とどんなお鍋でも蒸籠を使える
ようになる蒸籠皿のような物を勧められ購入した





以来、野菜を茹でるのではなく蒸したり
シウマイや蒸す料理のレシピを沢山教えてもらい
蒸籠は我が家にはなくてはならない道具になった





蒸籠は木や竹などを使って作られているので
使った後は乾燥させたりと少し手間がかかる





電子レンジ一つ、鍋一つでできる物を
蒸籠を使えばその倍以上の手間がかかる





だが出来上がったものは見た目にも美しく
香りも良く、味も美味しい
蓋を開ける瞬間、必ずみんな笑顔になると
いうオマケ付きだ





母がサンマを焼くときは魚焼き機で焼いていたが
父は七輪で焼いていた
当時は時間もかかるのになんでいちいち七輪で
焼くのだろうと思っていたが、蒸籠を使うように
なった今は思う
父はあるものを最大限に味わおうと暮らしを
楽しんでいたんだなと





私のヨガの師匠はビールがとても好きなあまり
水も飲まずにサウナや温泉に入り、限界ギリギリ
な所まで追い込んでから飲むんだと自慢して
そこにいた全員にそれは酷い!と非難されていた





これは極端な例だが、ここまで真剣に行なっている
というのは、体には良くないがなんだか面白いし
その情熱を少し羨ましく思った





私はまだ七輪でサンマを焼くまでには至っていない
がいつかできたらいいなと思う





日常の暮らしこそを特別に楽しみたい




0 件のコメント:

コメントを投稿