2020年6月29日月曜日

痛みに寄り添う


ふとした時に過去の事が
脳裏に現れ、身悶えするような
身の置き場のない気持ちになる
事がある




それは大抵の場合は苦い思い出




過去に言われて嫌だった事
過去に起こった辛かった事
悲しかった事
恥ずかしかった事
弱い自分がしてしまった事




若気の至りであったり
無意識の言葉であったり
怒りの余りの言葉であったり
自分のために相手を傷つけたり




それは大抵、ホルモンの乱れる生理前に
起こるが、過去を後悔してもしょうがない
とわかっていてもふっと思い出すのだ




だがある時
これは自分の器が大きくなったから
起こる事だと聞いた




確かに、現在にいっぱいいっぱいの状況で
あれば、遠い過去のことを思い出す事など
できない




器の大きくなった今の自分だからこそ
過去を受け止めることができる




遠い記憶の自分を
現在の自分が受け止める




辛かった事、悲しかった事
荒ぶる心、恥ずかしかった事
その全てを受け止め、抱きしめる




いつだってあなたの味方なのだと
過去と現在
一人一人の自分に寄り添う




思い出すとは時に痛みを伴う




だが今の自分はその時の自分より
大きく強い




自分自身を救う事ができるのだから





0 件のコメント:

コメントを投稿