2020年3月5日木曜日

ハイヒールコーチは芸術家である


先日のハイヒール レッスンで
私は粘土になった




右の腹筋は落ち、背筋も入らず
骨盤は回り、肩甲骨は開かない




足を出しながら
骨盤を正面にキープし
上半身が回るので戻し
肩ももっと開いて
頭をしっかりとプッシュし
背中をもう少し前へ倒し




Asami先生の修正が次々と入る




今回のレッスンでのものすごい修正に
体が粘土になったかのような感覚だ




粘土と言うと柔らかくて良さそうだが
筋肉がしっかりと入らない状態だ




だがこの粘土の感覚
マッサージなどよりずっと効果があり
次々と体の形を正しく変えられていくような
とても素晴らしい感覚だった




体のポジションが良くなると
途端に自分のエネルギーも正常化し
巡り出すのを強く感じる




Asami先生がクライアントの心を捉えて
離さない理由はあげ出したらキリがないが
やはりエネルギーが一番だ




ハイヒールコーチとはアーティストだ
クライアントの体とオーラを美しく作り上げる




Asami先生は世界を飛び越え
エネルギーさえも作り上げる




マエストロ?マエストラ?
フランス語ではなんと呼ぶのだろう




チームの先輩には師匠と呼ぶ方もいる
その呼び名も納得だ




私は今まで芸術家であった事はないが
きっとそうなるだろうと確信している




美しい先生のもとで学んでいる今
私も自分の力で美しい世界を作りたいと
願うようになったから






0 件のコメント:

コメントを投稿