2020年3月26日木曜日

愛と光


愛と光という課題をAsami先生から
頂いた




このテーマについてはいろいろな方面
から考える事ができるように思う




今、思いつくのはコンサルティング卒業
を視野に入れながら過ごすこの日々の事




現在、対面で行うレッスンが難しい状況だ




しばらくの間はジムやヨガスタジオなど
複数が集う場所は難しい場面もあるだろう




そんな事をぼんやりとは考えてはいたが
Asami先生はそこも視野に入れて私の計画
を立てて下さっていた




そう、いつでもこうして考えて下さっている




親が子を思うように
パートナーが相手を思うように
上司が部下を思うように
先生が生徒を思うように




親やパートナー、上司、先生、これらの人々の
全てが素晴らしい人格とは正直に言えない場合
もある




だが、私は時々思うのだ
この素晴らしいとは言い難い人々に会った時
この人達には正しい見本がいなかったのだ、と




頭の良い人はそこで気がつき、自分はそうなる
まいと自らで学び、別の道を進むだろう
だがそうでない場合は気がつかず、見本のまま
に進んでしまう




私もそのうちの一人だ




例えば声について
Asami先生に指導してもらうまで声の出し方など
気にした事もなかった




せいぜい時々耳にする動画などでの自分の声に
変な声!と思うだけでそれを改善しようとする
事など思いつかなかった




今でも自分の声にギョッとするのは変わらない
が意識し続ける事でいつか変わるに違いない




メールの返信、立ち方、振り向き方、話し方
上げ出したらキリがないほどだ




だが決して型にはめる事なく、私が最大限に
力を発揮できる方向へと導いてくださる




理論と哲学は変わらないが
全員同じの通り一辺倒の指導ではない




それは愛と光だ




妊娠中のあの美しいAsami先生の姿を
今でも鮮明に覚えている




どんなに大変だったか私は知る由もなかった
普通に考えたら大変に決まっているのに




それを微塵も見せない




プロ意識などという言葉だけでは
片付けられないだろう




それはクライアントへの愛
私たち生徒への愛
そして仕事への愛




その愛を見る事で
私たちは光も見る




光には必ず闇がある
人は光の中で動き、闇の中で休む




この世の中は陰陽の世界
太陽だけでも月だけでもない




私は夜が苦手だ
いつでも朝が待ち遠しい




まだ暗いうちに起き
太陽が昇るのを見ている




そして光が広がると
やっと心から安心するのだ




ここ数ヶ月、私は自分がどうなりたいのか
どう生きたいのかを日々自問してきた
その思いは日々変わる




だがその変化を受け入れる事ができるのは
愛と光で伴走をしてくださるAsami先生が
いたからだ




私ができる事はこの愛と光をさらに循環
していく事で社会貢献する事だ




一人一人の力は大きい




そして光とは物凄い速度で広がるのだ




0 件のコメント:

コメントを投稿