2019年11月19日火曜日

変化を感じていく


私はお菓子が好きだ
甘い物ではなくお煎餅やおかきが好きで
市場調査という名目で売り場を巡回する
ことを怠らない





定番商品は子どもの頃から味が変わらないと
感じるが、実のところ食生活の変化に応じて
消費者が気がつかない程度の改良を積み重ねる
ことによってロングセラーになっているそうだ





変わらない味は常に進化している
この事を知りとても感動した





何かにチャレンジしている時
途中で自分が停滞していると感じる事がある





そんな時
どうしてできないのだろう
努力が足りないのでは無いのか
時には
私には才能がないからと
投げやりになる事もある
そしてこんな気持ちになってしまう
自分を情けなく思う





本気であればあるほど落ち込む
どうでもよければ
もう辞めた、で終わる事だ





ここ数年、頑張らなくても良いという
言葉をよく聞く





この頑張らなくてもいいというのは
何も頑張らなくていいという訳ではなく
例えば、理不尽な扱いをしてくる人と
頑張って付き合わなくてもいいだとか
ブラックな企業で精神が壊れる程に
頑張って働かなくていいという事だと
私は思っている





ある人に
私が今頑張っている事について話した事がある





すると
今はそういう時代じゃない
頑張る時代じゃない
望んだ事はすでに受け取っているのだから
と言う
そうだね、そうかもしれないね
でも私は今頑張っているし頑張りたいの
受け取る為に頑張っていると返すも
頑張る時代じゃないんだと譲らない





頑張ると云う響きが嫌なのだろうか
努力する等、別の言葉に言い換えたら良かったのか





頑張りたいと言っているのに
頑張らせたくないという謎現象だった





変わらず美しい人とは変化し続けている人
それは努力と頑張りなしではあり得ない





だが美しい人というのは努力を前面に見せない
とてもスマートなのだ
それを見て生まれつき美しいから
私より楽だ等と勘違いしてはならない





頑張らない事も時には必要だろう
誰しも休みは必要だ
だが頑張らない事を許し続けるのなら
それはもう怠惰でしか無くなる





それでよければそこに留まればいい
それも選択の一つで恥じる事は全くない
それぞれの生き方、価値観があるから





だが、もし抜け出したいのなら
そこから頑張って抜け出していこう





どう抜け出したらいいのかわからない事
もあるかもしれない





だが抜け出したいと願うなら
必ず道が開ける
これは本当にそうなのだ





もし一歩踏み出せたなら
ここで、もう受け取っていると信じて進もう
誰しも力を持っているのだから




0 件のコメント:

コメントを投稿