2019年11月28日木曜日

年齢を重ねた女性の体の変化



一昨日、起床した時は何事もなく夕食にする
参鶏湯の仕込みをした
参鶏湯は仕込みさえしてしまえば後は調理器具に
お任せなので用意が終わると通っている婦人科の
クリニックへとバスで向かった





クリニックはバスで20分くらいの所で今は週に
2度ほど通っている
今回もいつも通りに向かったのだが、帰りのバスで
急に吐き気に襲われ最終的には目眩もおこった
冷や汗をかきながらたどり着き、横になっても
グラグラとする





ハイヒールのレッスンの日だったので
時間が経てば治るかもしれないと淡い期待を抱きつつも
同様に目眩が起こった時には丸二日起き上がれなかった
ので早めに判断し Asami先生にキャンセルの旨をお伝えした






目眩がおこったのは一昨年が初めてだった
朝起き上がろうとすると天井がグルグルと回る
寝返りをする度にグルグル回る
とにかく寝ている事しかできない
お手洗いにはそろそろと這っていくしかないし
とにかく頭を動かすと酷い





目眩になったことがなかったので
このように酷く辛いものだと想像していなかった





その日は仲の良い友人を含めた数人とショーを見に
行く予定にしていたのでどうにかこうにか連絡をした





私より少し先行く年齢である友人は
動物のように丸まって寝てなさい
そういう時はそうするしかないのよ
とメッセージを送ってきた





アドバイスの通り
動物のように丸まって眠り、回復を待った





メニエールという病があるのは知っていたが
目眩がこのように恐ろしく酷いものだと知らず
メニエールだけではなく、目眩が持病の方達の
苦労と大変さを思う






正直に言えば、何事も自分が体験しないと
心から理解できない





今年、私は薬を大幅に変化させて、ホルモンの
数値としては10年ほど妊娠の状態であったのが
急にエストロゲンが枯渇した状態となった






薬の効果、変化とは自分でコントロール
していくことは難しい
医師と相談を重ねて探していくしかないのだ





関節は痛み、肌は極度に乾燥し、一本もなかった
白髪が数本増え、視力も急激に低下し
心も時に不安定だ





これは私の年齢としてはよくある現象でもあるが
私にとってたった数ヶ月でのこの変化は凄まじかった
いろいろあるが私の年齢にしては今までとても元気な
身体だったのだ





私はまだ更年期ではないがもうすでに同じ年齢
もしくはもっと若い年齢から始まっている人も
いる
決して少なくない人数ではなく、それはクリニック
へきている女性の人数を見れば明瞭だ





今日はいつものように早朝目が覚め起き上がれた
こうして画面を見ることができる





寝ていたので身体はひしひしと痛いが
吐き気も目眩もなくそれだけで心から幸せを感じる





女性が年齢を重ねていくとは時にとても厳しく
残酷に感じる
肉体が単に衰えるという事だけではなく心も身体も
自分ではどうしようもない症状が出る場合もあるからだ





まだまだ私自身の人体実験は続く
目眩になった時にはそんな気持ちすら起きず
こんな事はもう嫌だと投げ出したかった





更年期は全然なかった
そう言う方もいる
そうだったらいいし、私もそうなりたい





だがこれだけはわからない
ここ数日はサポートしてもらっている側だったのだが
年齢を重ねていく女性をサポートできる側になろうと
決めた





身体はもう少しのところだ
寝ていたので鈍く重い
だが今はここまで心が回復した自分を褒めたい





そしていつか同じように苦しむ誰かを助けられるように





0 件のコメント:

コメントを投稿