2020年10月27日火曜日

自分の顔はどのように見えるか



我が家の保護猫めめは1日に数回
鏡に映る自分を凝視しています




初めて鏡に映る自分を見た時には
へっぴり腰になり逃げていましたが
その後は耳をピクピクさせながら
あの子は誰だろう?とでも言うように
じっと凝視しています




他の猫たちも子猫の時には
鏡の中の自分を見つけて
驚いて尻尾を膨らませて
威嚇をしたりしていましたが
期間は長くはありませんでした




ですがめめは今でも毎日のように
鏡の中の自分を凝視しています




私たちも自分の姿を鏡で見ることが
できますが、初めて動画で自分の姿を
見た時や自分の声を聞いた時
衝撃を受けたことがある経験がある方
もいるのではないかと思います
私もその一人です




多くの女性は鏡を見る時
自分のキメ顔、所謂、自分が一番良く
見える、自分のお気に入りの顔で
自分を見るといわれています




私は自分のシンプルな作りの顔を
わりと気に入っていますが
時々、写真で見る自分の顔は気に入らず
夫に、これ写りが悪いよね?と見せると
いつもこんな顔だよ、と言われ
そんなはずはない!!!とショックを
隠せないことがあります・・・




最近ではアプリが普及し簡単に加工が
できますので、尚更、本当の自分の顔
がわからなくなっているのではない
でしょうか




オンラインも普及し
私も週に何度か利用していますが
例えば数名のグループで利用する際
多くの方はご自分が話す時の表情は
良いのですが、聞いている時の表情が
無い方が非常に多く、時には怒っている
ように見える方もいます




終始、笑顔でニコニコしている必要は
ありませんが、だからと言って
なんの意識もしていない表情は
お世辞にも美しいとは言えません




実際、オンライン講座で一緒に受講した
ヨガの仲間達の表情があまりにも酷いので
みんな顔が酷すぎる!と講座中にメールを
送りつけると、それを読んだ仲間達が
吹き出して笑顔になると、一気に画面の
エネルギーが変わったことがありました




生まれつきの顔の造作の美しさも
もちろんありますが、どんなに美しく
生まれたとしても表情が冴えなければ
魅力的とは言えません




自分の顔が一体どのように見えているか




キメ顔やよそ行きの顔ではなく
自分以外の方に見られる自分の顔を
是非意識してみて下さい





0 件のコメント:

コメントを投稿