2020年10月26日月曜日

自分ができる最大限を自分へ



以前にも綴りましたが
私は首が悪く調子が悪い時には
腕から指の先が痺れ左半身が痛み
寒くなると特に調子が崩れます




ドクターからは酷くなれば
手術しかないと宣言され
いろいろな事を制限されました




私はとても身体に関しては活動的なので
10年程続けていたダンス、格闘技など
その全てを手術をしたくないという
選択の為に辞めましたが
自分を見失ったように感じていました




その後、とても良いピラティスの先生と
出会い、週に二回のグループレッスンと
プライベートレッスン
トークセンというタイの木槌療法の師匠
とのセッション
毎週の足つぼマッサージをして頂き
身体に向き合い続けて
また踊れるようになりました




横浜に引っ越してから身体をサポートを
してくださる方を失っていた時
美しい妊婦であったAsami先生に出会い
今に至ります




ASAMI-PARISのハイヒールのメソッドは
美しく痛みなく歩く、美しきハイヒールの
哲学ですが、私にとって一番大切なのは
歪みが取れて身体の調子が良くなる事です




私にとっては歪みが出て痺れ
手術せざるを得なくなった時
それは命に関わる事です




ですから私にとって
美しいだけでも
痛みがないだけでも
そのどちらかだけではダメなのです




私がAsami先生のセッションを受けた日は
夫が気がつきます
なぜなら顔の歪みが取れて顔の調子が
良くなるからです




ASAMI-PARISでハイヒールで歩く際の
理論を学んだのはもちろん
ヨガでは何百時間もティーチャー
トレーニングを国内外で何度も受講し
専門家の先生方の解剖学講座を受講し
家族や友人にはドクター達がいますので
身体に関しての専門的な知識をその度に
相談し、常に身体と向き合っています




ASAMI先生とのハイヒールレッスン
ヨガやリンパケアの先生をしている
ボディワーク仲間達も私に沢山の知識を
惜しみなく与えて下さいます




全ては私自身の為に行った事でしたが
今ではその知識でクライアント様の
お役に立つことができます




ですが、美しさを決して
蔑ろにしている訳ではありません




歪みがなく正しい姿勢の
その先にある事
それが私の思う美しさです




もちろん先天的に身体の歪みや
不調がある方もいるでしょう




ですがその中でできる最大限が
必ずあると私は信じています
なぜなら私もそうだからです




そのプロセスは時には辛く
投げ出したくなることもあります
私も身体が痺れて怖くてたまらない事も
何度もありました




だからこそ私は歪みに徹底的にこだわり
クライアント様にもお伝えします




ありがたい事に私がハイヒールコーチに
なった時の初めてのクライアント様が
毎月のレッスンを続けてくださり
半年が経ちました




ご自身の身体に向き合い続け
身体に気づき続け
コントロールされている瞬間に
立ち会わせていただく時
思わず目が潤んでしまいます




健康な身体であっても
人間なら誰しも不均等があります




年齢を重ねるほどにその不均等は大きく
なりますから、今のうちに日々歪みを
とっていくことこそが大切です




自分ができる最大限を自分へ
そうするのなら身体はもちろん
心もまでが整えられていくのです




私は努力の力を心から信じています






0 件のコメント:

コメントを投稿