2019年7月17日水曜日

身体で表現すること




時々だが急に踊りたくなることがある
何かの記事で読んだが
魂が高揚すると踊りたくなるそうだ


正式に習ったことはないが
その時に私が踊るのはコンテンポラリーだ
誰にも見せることはできない出来栄えだが
自分なりにうまくできた時は感激する


一度私が踊っているところに遭遇してしまった夫は
何か嬉しい事があったんだね
と言っていたので嬉しさが溢れていたのだろう


最近も何度か踊る機会が訪れている
それはハイヒールのセッションの後だ


身体はクタクタでヨロヨロだが
高まったエネルギーを放出したいかのようだ
力が有り余っているわけではなく
その時は湧き上がっている



踊ることで脳内にエンドルフィンが放出され
痛みやストレスが軽減され
多幸感も高揚感を得られるともいう


そしてまたエンドルフィンは
成長を実感した時にも分泌される
何か難しいことに挑戦しようとするチャレンジ精神は
エンドルフィンが持つ効果でもあるようだ


エンドルフィンによって脳の機能も改善されて
思いがけない能力が開発されるなどともいう



身体とはとても正直だ
嬉しいと踊り出し
自信がないと背中を丸めたくなる


私は身体で表現することをしたいのかもしれない
それはダンスを人に見せるだとかそういったことではない


生きる表現
それは歩くことが大きな位置を占めるだろう


縁がないと思っていたことに
日々縁を感じ続けている




0 件のコメント:

コメントを投稿