2019年7月16日火曜日

ハイヒールとヨガ




ハイヒールの哲学の道に入るまで
考えたこともなかったが
改めてハイヒールに有効なヨガのポーズを考えてみると
一つも役に立たないポーズはなかった

どのポーズも
ハイヒールを美しく履きこなすことに役立つ


だが何故だろう

誤解を恐れずに言うと
私の周りにいたヨガをしている人のイメージは
ハイヒールとは程遠い


勘違いしている人がとても多いのが
足の指を広げることについて


ヨガをやり出したら
足の指が広がり
もう先の細い靴は履けなくなった
と嬉しそうに報告してくださる方はとても多い


足の指を自由に
広げたり閉じたりできる事は良い事だが
開きっぱなしで歩いたり立ったりすることは
足を束ねている筋肉が伸びきってしまい
足のアーチが崩れ、余計足が疲れてしまう


身体がもともと柔らかい人が陥りがちなのは
伸ばしすぎてしまうこと


これは私もそうだが
柔らかすぎる人は筋力が弱い人が多い
筋力の弱さを身体の柔軟さで
バランスをとっているのだ


身体が柔らかいというのはとても良いことなので
ハイヒールのトレーニングも行えば
しなやかさと強さを手に入れることができるだろう




以前、知人でハードな種類のヨガをやっている女性が
生理がくるとヨガのプラクティスを
休まなくてはならないから
なくなってしまえばいいのにと言ったことがあった
そう思う人は割と多いとも聞いた


私はとても驚いてしまった
むしろ私は堂々と休める理由になるので
喜んでいたからである


ヨガの生徒さんにも
とかくネガティブに取りがちな生理を
今日は身体を労わりお休みする日と
前向きに捉えてくださいねとお伝えもしていた



何の為に体を鍛え、柔軟にしたいのだろう
怪我の防止
健康になりたいから
痩せたいから
色々な理由があると思う


だが夢中になりすぎて
本質を見失うとすればそれは間違っている


初めはみんなより良い自分になるために
はじめたのではないのだろうか


世界中の美しいモデルや女優も
ヨガを取り入れている
それは彼女達が美しくある為だ


私も美しくなるため
ハイヒールでエクササイズをする
そして美しいあの人のように
いつか素敵なドレスを着たい


着心地の良い服を着て
ぺったんこの靴で歩くためではなく



私はモデルや女優ではないけれど
美しくなりたい
美しい人たちの真似をしない理由はないのだ






0 件のコメント:

コメントを投稿