2020年8月5日水曜日

夏のむくみに


夏になると身体の調子があがる




人によって
暑さが苦手だったり
寒さが苦手だったりそれぞれだが
私は寒さが苦手で身体があちこち痛み
気分まで落ち込んでしまう




寒さは着込む事でしのげるが
暑さは裸になったとしても
変わりはないので調節が難しいが
暑さのおかげで良い具合に筋肉が緩み
それが私にとっては好都合なのだ




夏で浮腫むという方が多いようだが
私は冬に浮腫むので塩分制限しており
夏にはそれを気にせずにいられるので
その点でもありがたい




私が夏に浮腫まない理由として
沢山の水を飲み、多くの野菜とフルーツ
を取る事にある




気温が高い夏であれば、体が冷えること
にそこまでナーバスにならず、水と野菜
フルーツを沢山食べられるからだ




浮腫に対する誤解の一つが
水を多く取ることというもの




水が足りないあまりに
体が水分を溜め込もうとして
その結果、浮腫むとという事も
理由の一つとして挙げられる




漢方の世界で言う水毒という症状も
あるので一概に言えない事であるが
浮腫むから水分を控えると言うのは
逆の発想となる




ただし、ただの水をがぶがぶと飲むの
ではなく、ミネラルなどの成分が
入った水、或いは浮腫に良いカリウム
と水分の多いスイカやきゅうりやトマト
などの夏の植物を食べるなどの摂取の
仕方をするとより良いだろう




あまりにも浮腫みがひどいという時には
漢方に頼るのも一つで、実際、私は
浮腫による頭痛が起こるので漢方を処方
していただいている




浮腫んだ体は気の巡りも悪く良い事はない




自分にあった浮腫み対策を味方につける事
は快適な暮らしにつながる事だ





0 件のコメント:

コメントを投稿