2020年8月6日木曜日

タブーについてのドラマ 〜big Love〜


友人のお勧めのアメリカドラマを
視聴しはじめてすっかりハマっている




重婚を宗教の戒律としている家族が
メインテーマで、はっきり言えば
このドラマは日本人の多くの人が
楽しめる内容ではないだろうし
重婚が禁止されているアメリカの中
でも様々な議論が起こったそうだ




トム・ハンクスをディレクターに
迎えており、それを知った時には
なるほどと思った




重婚について単純すぎる考えであれば
不倫の延長のように感じるかもしれない
だがこのテーマはそんな単純な事では
なく多くの要素が絡んでいる




日本人には聖書や宗教的なこと
人種のことを理解するのは難しいと思う




だがそれは日本に限った事ではなく
どの国でも起こっている事で
だからこそ差別などがなくならない




自分と違う考えの人がいる事は
当たり前のことで、理解しようとしても
無理どころか意味すらわからない事もある
良い悪いの判断すら違う




あなたはそうなのね?
でも私はこうなのよ




それで済むところを
相手を自分の都合の良い考えへと
コントロールしたくなる事もある




誰もが同じ価値観でもなく
同じ考えでもなく
理解もできないが
お互いを尊重する




重婚については反対でしかないが
色々考えさせられるドラマであり
タブーである宗教についての人々の
考えや思いが見られる貴重なもので
続きを見るのがとても楽しみだ






0 件のコメント:

コメントを投稿