2019年8月8日木曜日

食べたい衝動は身体からのサイン



平日はほぼ毎日同じ食事をしている


朝は野菜やハーブや果物からできている青汁と
無調豆乳を甘酒を混ぜたドリンク。
昼と夜は発芽玄米と
季節の野菜とプラスの何か。
平日にお酒を飲むことはほとんどない。


こんな風に同じようなものを食べていると
ホルモンが乱れたり
心の状態が悪かったり
体調が悪いと
食事が変わるのですぐわかる


私の場合
ストレスでもホルモンの乱れでも
熱でも風邪でも食事量が増し
特にポテトチップスなどの
しょっぱくてサクサクしたものが食べたくなる
食欲がなくなることはほぼ無い



食べたくなるものは身体からのサイン



歯ごたえがあるものを食べたい時は
ストレスがある時
噛むことで脳内からセロトニン
別名幸せホルモンが分泌される


甘いものや炭水化物が食べたい時は
疲れている時と
タンパク質が足りていない時


酸っぱいものが食べたい時は
マグネシウム不足


しょっぱい物が食べたい時は
ミネラルが足りない時
利尿作用があるお酒のシメに
ラーメンやお茶漬けが美味しい理由


食べたい衝動は身体が変化している時


上手に食欲と食べ物と付き合っていきたい




0 件のコメント:

コメントを投稿