2019年8月14日水曜日

快適が快適でなくなる時



今日のハイヒールのレッスンは大ピンチだった


連休中、夫と散歩がてら街中へ行く事になり
長い距離を歩くからと今まで何度も履いていた
”頼りになる”コンフォートサンダルで出かけたのだが
この靴で初めての靴擦れになってしまった


痛みを避けるように歩き
へとへとになって帰ってきた



異変が起きたのは次の日、レッスン当日の朝である


坐骨が痛い


一体どうしたら坐骨なんかが痛くなるのかと思ったが
考えられるのは靴擦れ
靴擦れと同じ方の坐骨が痛いのだ



レッスン前までにどうにかしようと
あれこれ試してみるものの
どうにもならずレッスンを迎えた



素足のエクササイズは
怪しげながらも何とか終わり
ハイヒールを履いた時に事は起こった


文字通り全く歩けないのである


腹筋も全く入らず
痛い坐骨側のヒップの筋肉の圧縮は全く出来ない
一本足で立つことも出来ない



フラフラする事はよくあるのだが
程度が全く違う



先日のスリランカ旅行での歪みの次は
坐骨の痛み
全くなんて私の身体は忙しいんだろうか



情けないような残念なような
ショックな気持ちでいるところを
Asami先生は愛の言葉で私の心を救ってくれた



先日のAsami先生のブログ
「物から放たれる波動」
で先生が綴られている通り
まさに波動が違うもののエネルギーに
足を引っ張られてしまった状態であった



”頼りになる”コンフォートサンダルがもはや
私には波動が合わない靴になってしまったのだ



Asami先生やAsami-Parisチームの皆さんのブログで
散々メッセージを受け取っていたのに
どこか他人事だった私に
宇宙から大きなドラム缶が落ちてきたのであった



レッスン後に症状を調べてみると
坐骨神経痛の疑いがあった


原因は様々だが私の場合は姿勢の崩れと腰痛だ
姿勢の崩れは
頚痛を温存し手術を回避したい私には致命的な事
快適さではなく正しさが必要なのだ



ヨガインストラクターとして
頚椎の手術を回避したい者として
ハイヒールを学ぶ者として
身体に関する学びはまだまだ沢山ある


コンフォートサンダルが快適じゃないなら
美しくも無いし
全く良いところがないじゃないかと
八つ当たりしたいところだが
Asami先生がおっしゃった美しい言葉を思い出し
コンフォートサンダルが
快適じゃなくなったおかげで
大切な事に気がついたと感謝に変えようと思う


0 件のコメント:

コメントを投稿