2021年2月24日水曜日

トラウマと身体の関係



昨日の春の体調管理 でも綴りましたが
ぎっくり背中になってしまった後
初めてのヨガのレッスンでした




ヨガのポーズの後にぎっくり背中が
発症したので、正直に言えば少しだけ
怖い気持ちがありましたが
ネガティブイメージを体に植え付けたく
ないという気持ちから休むことはせず
できる範囲で行いました




私が去年から研究しているテーマがあり
それはトラウマと身体の関係性です




トラウマとは日常に潜んでおり
例えば、大好きだった食べ物を食べた際
たまたま体調が悪くてあたってしまった
以来、大好物が苦手になったという経験
などは時々耳にしますが、そのように
人の思考や感情とは簡単に書き換えられて
しまいます




そのようなことはハイヒールの世界でも
頻繁におこっており、ハイヒールは体に
悪いというのも耳にした事があるのでは
ないでしょうか




以前のブログにも綴った事がありますが
私は食べる事が大好きなので
苦手な食べ物があることは損だと考え
みんなが美味しいというのだから
きっと私にも美味しいものがあるはずと
しつこく何度も食べます




結果、苦手な食べ物だったウニは
北海道のウニならみどりちゃんに聞け
と言われるほどに食べ尽くしました(笑)



トラウマというとどうしても壮絶な体験
だと考えてしまいますが、日常的にもあり
それを意識して、細かく解消していく事が
大切だと私は考えています




苦手を好きになる必要はありませんが
苦手を苦手でなくできるのであれば
人生を生きる上で生きやすくなります




これは別の言い方で言えば
苦手に対する労力がもったいないと
考えているからと言えます




どうせ努力するのなら
好きなものに使いたい
そう思う私はとても欲張りなのです





0 件のコメント:

コメントを投稿