2019年6月27日木曜日

エネルギーを扱う





私が住んでいる横浜は土地の30%は緑地にする
という取り決めがあるようでとても緑が豊かである。

数々の種類の鳥や、野良猫、リス達を
我が家の庭から見られるのは私の喜びになっている。


先日ヨガのティーチャー仲間に我が家の庭の事と
毎日野良猫が庭に遊びに来るようになったことを話したところ


野生の動物が近くに集まる人というのは
人間の気配を消しているそうだよ

と言われた。

動物が好きな私は一瞬喜んだのだが
ふと以前習っていたフラダンスの先生に言われた言葉を思い出した。



あなたの踊りは木や草が踊っているみたい
肉を食べないあなたのエネルギーは
周りの人と比べると負けている


その頃、私は卵と魚は食べていたが
ほとんどの食事は菜食だった。


私は自分が菜食であっても
それを誰かに押し付けたことはなかったが
その先生は菜食に対する批判とともに
ハワイの人は肉を自分のエネルギーとして取り込んでいた
だからフラを踊るなら肉を取らないといけないと度々おっしゃった。


習っている限り先生の指示に従いたいと思う私は
その教室を辞めた。



結局私の菜食は7年ほどの期間だったが
そもそも私は子供の頃から野菜が好物で
今でも肉を食べる時はほとんどが外食
もともと家では肉をあまり調理しないのだ。


食べているものがその人を作るのは当然だ。
エネルギーもまた食べ物からできているのだろう。


だけど私は菜食でかつエネルギーに溢れる人に
沢山お会いしてきた。


あの時の私は菜食が理由ではなく
ただのエネルギーが無い人だったのだと今は思う。



私は今、ハイヒールの哲学を学び始めご指導いただいているが
先生がくださる文章、話す声、選ぶ言葉
その全てがとても美しく
くださる言葉の全てがありがたいと思う。
エネルギーに関しても度々お話ししてくださるが
それもまた美しくそして優しい。



人を指導するということ
どういった言葉を使っていくかということ
それは自分の人生にも
他の人の人生にも関わってくる
それらは全てエネルギーだ


神は細部に宿る


その細部に至るまで正しくエネルギーを扱うこと
それをご指導くださる先生に出会えた私は幸せだ。


人間の気配がないということから
小さな痛みとして思い出したエネルギーに関する生徒としての記憶。


気配とエネルギーはまた違うのかもしれない。
ライオンがあのエネルギーにも関わらず
気配を消して獲物に近づくように。
ただ必ず獲物は気がつく
ライオンの大きなエネルギーに。


これからはエネルギーを正しく扱っていけるように
日々自分を見つめていこう。


0 件のコメント:

コメントを投稿