2019年6月28日金曜日

感じとる意識




ハイヒールのエクササイズをしている時
歩き出す瞬間どうしても
母指球の中心からわずか外側に体重が乗り
一度体が外側に振られてから中心に戻る。

その動きは肉眼ではあまりわからないが
優れたコーチの前では一目瞭然だ。


ヨガ仲間と母指球ヨガのシークエンスを考えたり
常に母指球を意識しよう!と周りの人に伝え続け
母指球の扱いには自信があっただけに
自分にがっかりしてしまった。

思えば、私は調子に乗りやすい性格なのか
うまくいけばすぐに自信を持つ。
褒められるとその通りに受け止める。

これは長所だとも思うが
その先への努力につながらないのが残念なところだ。


ハイヒールで美しく歩くという
究極に美しく
努力を怠れないことにチャレンジしはじめたのは
私の人生にとってとても必要な
根拠のない自信を
根拠のある自信に変えていくことなのかもしれない。


全く無縁だったハイヒールの世界に飛び込んだのは
偶然ではなかった。


自分に必要なことはこうして与えられる。
それを繊細に感じていきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿