2019年6月26日水曜日

身体がかたい?





ヨガの講師だとお伝えするとよく伺うのが

「私は身体がかたいからヨガができないのです」

ということ

それに対して私は必ず

「むしろ身体がかたい方のほうがヨガはいいですよ」

とお話しします。
最初はみなさんは納得されませんが
なぜいいのか説明すると
なるほどと受け取ってくださいます。


その説明とは

身体がかたければちょっと曲げただけ
傾けただけでも伸びを感じる

ということです。


私は生まれつきとても身体が柔らかく
前後開脚をしてもあまり伸びを感じず
前後の足をブロックに乗せて湾曲させるくらいの力が必要で
それはとても大変で関節にも負担がかかります。
膝関節を化伸展により悪くしたこともあります。


身体が柔らかいかたがやりすぎて関節を悪くしたり
ひどい場合には骨を折ってしまったことも度々聞きます。



ヨガに関しては美しいポーズができることは重要ではなく
身体がかたくても柔らかくても
自分の身体を内側からスキャンするように心の目で見ていく
その内側から見るということを私は大切に思っています。


スタジオのプログラムのように
他の人と一緒の場合はどうしても

「あの人のように美しくポーズができない」

などと比べてしまいがちですが
そんな時こそ
人と比べないという事が大切になってきます。


ここをクリアできると
ヨガのスタジオの外に出てからも
人と比べない自分ということを確立していけるかと思います。



とは言え、私もそうですが
できないことに関してはネガティブになってしまいがちです。

ですから自分に合う講師を見つけて
マンツーマンのプログラムを受けることも一つのアイデアかと思います。


ヨガだけでなく身体を扱うことを教えてくださる講師を選ぶ際
知識だけではなく相性も重要になってきます。



自分にぴったりの講師を見つけた時には
人生が変わるくらいの変化があること間違いなしです。







0 件のコメント:

コメントを投稿